徳島新聞Web

8月19日(土曜日)
2 2
19日(土)
20日(日)
釣りだより
15~25センチのガガネ80匹 津田沖ノ一文字 21日・長潮   2015/11/21 09:48
このエントリーをはてなブックマークに追加

 19日、釣具メーカー主催のグレマスターズ地区予選が伊島磯で開催予定だったが悪天候を予想して早々と延期になった。だが、県南部は北寄りの強風で比較的大きなうねりはなかったものの、釣り人も少なく磯渡しを見送る業者もあった。波止や岸壁でも強風に風裏なしと言う言葉通り風が舞い込み釣りづらい状況。水温も低下しはじめ浅場の波止では対象魚も限られてくるがまだしばらくはチヌやキビレ、グレなどが釣れる場所もあるだろう。釣り人は安全を考慮し釣行の際にはライフジャケットの着用を心がけてもらいたい。また各自の出したゴミは必ず持ち帰り釣り場を汚さないようにお願いしたい。

 [磯]<福村>19日、北東の風が強かった。水温18度。丸島回りの大西で30、35センチのチヌ2匹と30センチのアイゴ4匹。

 <恵比須浦>19日、水温20・9~21・3度で下り潮。大辰巳周辺のハエで25~30センチのグレ5匹と28~35センチのアイゴ3匹、22~25センチの本ハゲ5匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>19日、北の風が強かったが波は穏やか。コーナー付近で23~40センチのチヌ4匹。ガガネを狙い釣り歩き20センチ前後主体に15~25センチを80匹と好釣果。通称ジャンボでは沖アミを餌にフカセ釣りで25センチ前後のチヌ6匹。

 <恵比須浜>19日、北の風が強く釣りづらかった。早朝から10時ごろまでアジを餌に取り込みにはヤエンを使い0・4~1キロのアオリイカ4匹。周辺でも同重量を2~5匹。

 <古牟岐漁港>19日、風が強く釣りづらかった。早朝から10時までアジを餌に0・4~0・8キロのアオリイカ5匹。同行の人も同重量を6匹。周辺でも同重量を2~4匹。

 <高知・野根漁港>19日、西側の消波ブロックで10時から約1時間半サオを出した阿南市の人が33・5センチのグレ1匹。風が強く道糸が浮き上がり仕掛け馴染まず早々と納竿した。周辺でもサオを曲げていたが未確認。

 [イカダ]<ウチノ海>18日、冷たい雨が降った。ヤカタで25センチ前後のサヨリ50匹と釣ったサヨリを餌に44、47センチのハマチ2匹。近くではサビキ仕掛けで17センチ前後のアジ70匹と同型のイワシ、25センチ前後のサヨリを多数。餌木を投げ0・4キロ前後のアオリイカ2匹と同重量のコウイカ3匹。前日はヨウセイエビを餌にマダイ狙いは43、45センチを2匹を頭に25~30センチを16匹。(県釣連盟報道部)