徳島新聞Web

3月25日(土曜日)
2 2
24日(金)
25日(土)
釣りだより
17~19センチのアジ好調 小松島港沖ノ一文字 26日・大潮   2015/11/26 09:20
このエントリーをはてなブックマークに追加

 例年より暖かい日が続き、天気が安定せず波の高い状況が続いている。南海上の台風が移動すると北寄りの風が吹き、波も収まるだろう。釣り場ではごみを残さず持ち帰り、いつまでも気持ちよく釣りを楽しみたいものだ。

 [磯]<中林>24日、弱い北の風が10時ごろから次第に強くなった。エンバエ西の胴で30、35センチのチヌ2匹、20~25センチのマダイ5匹、30センチのグレ1匹。高崎では42センチのチヌ1匹、25~32センチのグレ7匹、60~65センチのボラ3匹。

 <大島>24日、12時すぎから北東の風が強く吹きだした。本場回りは前日からのうねりが残り、裏回りは風波が次第に高くなってきた。ゆっくりとした下り潮が終了間際には上り潮に変わった。水温20・9度。フンドシで23、35センチのグレ2匹、35センチのイサギ1匹、32~40センチのアイゴ3匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>24日、北の風が次第に強くなり、波も16時ごろには波止を越えるようになってきた。白灯周辺で沖アミを餌にフカセ仕掛けで40センチ前後のキビレ3匹、25センチのグレ1匹。別の人が28センチのチヌ2匹。赤灯周辺では30~38センチのチヌ3匹。コーナー周辺では大粒の赤アミをサシ餌にサヨリを狙い、30センチ前後を30匹。内向きではイシゴカイを餌にチョイ投げで20~22センチのキス5匹。

 <小松島港沖ノ一文字>24日、波風ともに穏やか。白灯周辺で沖アミを餌にフカセ仕掛けで40センチのキビレ1匹、26センチのチヌ3匹。中央寄りで25センチ前後のグレ10匹、中央周辺では2人が26~40センチのチヌ7匹。赤灯周辺では25センチ前後のチヌ3匹と17~19センチのアジ20匹、サビキ仕掛けで同型のアジ50匹。(県釣連盟報道部)