徳島新聞Web

7月23日(日曜日)
2 2
23日(日)
24日(月)
釣りだより
宍喰沖で25~42センチのグレ40匹 23日・中潮   2015/12/23 09:55
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<大島>21日、水温19・7度。グレは、佐本回りの一番で30~36・5センチを9匹と30~32・5センチのイサギ13匹、30センチのアイゴ3匹、25センチの本ハゲ1匹。大バエで28~35センチを13匹と29センチのイサギ2匹。ナデで33~35センチを3匹と31センチのイサギ2匹、同型のアイゴ1匹。前日は水温19・6~20・4度。グレは、ソエバで30~33センチを4匹。西ノ牙の西側のハエで2人が34~41センチを4匹と30センチのイサギ3匹、同型のアイゴ1匹。櫂投回りの高橋バエで30~46センチを15匹。タニハンで30~32センチを5匹。桃オチで2人が30~40センチを12匹と同型のイサギ15匹。桃ノ地で28~35センチを5匹と30センチのイサギ、同型のアイゴを各1匹。オハナで30~35センチを3匹と30センチのアイゴ3匹。オハナノ地で35~43センチを3匹。

 <高知・甲浦>21日、午前中は弱い雨が降ったが正午にはやみ気温も上がった。波が少しあり水温19度。ミツバエ中で小松島市の人が30~41センチのグレ5匹。長兵衛バエで30~37センチを5匹。ヒナダンで32~38センチを3匹。

 <伊島>20日、北西の風が強く吹き釣りづらい1日だった。緩い下り潮が流れ水温18・4度。山口魚影会が納竿磯釣り大会を行い14人が参加して23センチ以上のグレ、マダイ、イサギ、チヌ、イシダイ(イシガキダイ含む)の総重量を競った。全員に釣果があり計量に持ち込まれたのは27~46センチのグレ、23~28センチのイサギ。水島の胴で犬尾敏和さんが16020グラムで優勝。五九十で大野政英さんが10850グラムで2位。沖の長バエで山田利明さんが10625グラムで3位。

 <宍喰>20日、那佐半島の水温18・5度。トクベエで37・5センチのイシガキダイ1匹。グレは、ナガハエで2人が28~36センチを10匹と31~36センチのアイゴ5匹、38センチのへダイ1匹。マルバエで29~36センチを8匹。イナンカバエで2人が30センチを5匹。ミツバエで0・3、0・6キロのアオリイカ2匹。オオマエで0・3キロを1匹。

 [船釣り]<宍喰沖>21日、雨のち曇りで東の弱い風。少し波があり水温19・7度。2人がフカセ釣りで25~42センチのグレ40匹。

 [イカダ]<ウチノ海>21日、風もなく穏やか。ヤカタで2人が25~30センチのサヨリ150匹。近くでも25~35センチを100匹と20センチ前後のマイワシ20匹。

 <高知・甲浦>21日、1号で30、38センチのグレ2匹。3号はアオリイカ狙いが0・3~0・7キロを9匹。

 [波止]<大砂突堤>21日、早朝から正午過ぎまでサオを出した人がアジを餌に取り込みにはヤエンを使い0・7キロ前後のアオリイカ7匹。周辺でも同重量を1~2匹。(県釣連盟報道部)