徳島新聞Web

4月29日(土曜日)
2 2
28日(金)
29日(土)
釣りだより
ウチノ海でサヨリ好調 13日・中潮   2016/1/13 09:54
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<由岐>11日、緩い上り潮が流れ水温17・1~17・4度。グレは、瀬のハエで42センチを1匹と28~36センチのアイゴ10匹、40センチのマダイ1匹。大バエで27センチを1匹と28~36センチのアイゴ11匹。ムギバエで同型のアイゴ7匹と35センチのウマヅラハゲ1匹。テグスで30~40センチを3匹と30~35センチのアイゴ9匹。下ヨギで30センチを2匹と30~35センチのアイゴ6匹。岩ヤンで30~33センチを3匹。

 <恵比須浦>11日、上り潮が流れ水温17・3度。大辰巳周辺のハエで30センチのグレと同型のイサギを各1匹。近くでは30~35センチのアイゴ4匹と30センチのマダイ1匹。35センチのアイゴ1匹。

 <大島>11日、上り潮が流れ水温19・6度。グレは、ピストルで2人が30~32センチを45匹。タニで28~33センチを11匹。沖ソエで30~35センチを7匹と35センチのイサギ1匹、30センチのアイゴ2匹。潜航艇で30~35センチを3匹。地ソエで28~32センチを7匹。ホリモンで33~38センチを3匹。西ノ牙で35センチを2匹。一番で2人が27~34センチを20匹と28~32センチのイサギ22匹。スベリで28~34センチを6匹。前日は、50人が参加してクラブ主催の大会が開催された。対象魚はグレ、チヌ、マダイ、イサギ、アイゴ、イシダイ、イシガキダイで総重量を競った。40人が型を見て計量に持ち込まれたのは23~42センチのグレ、25~35センチのイサギ、30センチ前後のアイゴ。カベで阿波一風の野口真平さんが28~38センチのグレ18匹(10540グラム)で優勝。オシドリで阿波闘流会の平尾綾さんが28~35センチのグレ6匹と30センチ前後のイサギ8匹、35センチのアイゴ1匹(6965グラム)で2位。潜航艇で同会の岡本明さんが28~30センチのグレ9匹と30センチ前後のイサギ6匹(6870グラム)で3位。

 <高知・甲浦>11日、水温18・8~19・2度。ミツバエ東で34、39センチのグレ2匹。エボシで32・5~38センチを3匹。棚バエで35センチを1匹。浅草バエで30~35センチを4匹。小銀で33センチを1匹。0・3~1・2キロのアオリイカはビシャゴ東で7匹。同西で1匹。地のヤグラで6匹。千畳バエで3匹。チエジで2匹。

 [イカダ]<ウチノ海>11日、ヤカタで25~35センチのサヨリが好調。10時ごろから食いが立ち100匹。2人が100匹。別の2人も40匹。夫婦が60匹。近くでも30匹。

 <高知・甲浦>11日、1号で0・3~0・8キロのアオリイカ8匹。3号で0・65、0・8キロを2匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>11日、カニを餌に落とし込み仕掛けで釣り歩いた人が33センチのチヌ2匹。パッチンを餌に投げた人は20~25センチのキス6匹。

 [船釣り]<宍喰沖>10日、掛け釣りに出掛けた3人が30~43センチのグレ20匹。

 [お知らせ]中林磯は16日から当面渡船休業となります。(県釣連盟報道部)