徳島新聞Web

3月30日(木曜日)
2 2
30日(木)
31日(金)
釣りだより
大島で25~46センチのグレ好調 22日・中潮   2016/1/22 09:53
このエントリーをはてなブックマークに追加

 20日は北海道で発達した低気圧の影響で日本列島が寒波に包まれた。県内も寒さの厳しい一日となり、近場の波止や岸壁に釣り人の姿はなかった。

 [磯]<大島>20日、水温18・5~19・2度で上り潮、渡船は11隻。各磯で25~46センチのグレが上がっていた。港回りのノコギリは2人で37匹。本場回りのソエバで14匹。地ソエで19匹。馬ノ背は2人で24匹と25センチ前後のイサギ2匹、30センチのアイゴ1匹。ホリモンは15匹。地冨士は13匹。カブトで24匹。ヒッツキで36匹。別の人が20匹。屋形は23匹。佐本回りのオシドリで20匹。ジョウギは26匹。マナイタ地は18匹と30センチのアイゴ1匹。馬ノ背は20匹。ミッチャで21匹。別の2人が8匹と4匹。ナデも2人で21匹。エボシは24匹。別の人が10匹。エボシ地は6匹。大バエは2人が20匹。櫂投島の中ノハエで17匹と30センチのアイゴ1匹。タニハン地で20匹。高橋バエは2人で10匹と30センチのアイゴ1匹。クジラで9匹と30センチのアイゴ1匹。ジイは3匹と47センチのハマチ2匹。裏回りのオハナ地で10匹と30センチ前後のアイゴ4匹。オハナは2人で16匹。

 <宍喰>20日、水温18・4度、西の風が吹いていたが波はなかった。前磯でグレは、31・5~32センチを3匹。別の磯では30~41センチを4匹。27~32・5センチを13匹。33~40センチを4匹。那佐半島のイナンカバエは30・5~41センチを10匹。別の人は31・5~38・5センチを4匹と46センチのチヌ1匹。

 <高知・甲浦>20日、水温18・1度、波はなかった。30~40センチのグレは、長兵衛で7匹。ミツバエ中は2匹。同東で1匹。棚バエ西も1匹。

 [イカダ]<宍喰>20日、水温18度。沖のカセでは沖アミを餌にウキ下サオ1本弱~1本半でハリス1・7~2号を使った2人が30~36センチのグレを合わせて70匹。朝のうちは小型主体であったが、昼頃から35~36センチが多くなり、ウキ下も浅くなってきた。(県釣連盟報道部)