徳島新聞Web

10月20日(金曜日)
2 2
20日(金)
21日(土)
釣りだより
0・35~1・35キロのアオリイカ 恵比須浜 27日・中潮   2016/1/27 09:50
このエントリーをはてなブックマークに追加

 25日、県内は前日に降った雪が西部、北部から阿南の一部まで積もり凍結した路面もあり、釣りを予定していても安全を考えて中止した人も多数いた。気温が低いときは上り潮が流れ好釣果を得ることもあるが十分に注意して出掛けてもらいたい。

 [磯]<大島>25日、上り潮が流れ水温17・4~17・8度。北西の風が強く釣りづらい場所もあったようだ。グレは、港回りのノコギリで28~43センチを42匹。本場回りのピストルで2人が28~38センチを72匹。沖ソエで30~37センチを25匹。地ソエで30~38センチを15匹。ホリモンで2人が33~46センチを28匹と40センチのアイゴ1匹。屋形で28~42・5センチを31匹。別の人も28~36センチを38匹。近くで30センチ前後を45匹。佐本回りは馬ノ背で30~42センチを14匹。ミッチャで30~35センチを18匹と35センチのイサギ1匹。別の人も30~37センチを32匹。エボシ地で25~35センチを38匹。大バエで2人が30~37センチを30匹。同東で27~40センチを40匹。一番で2人が25~35センチを60匹。トビツで30センチ前後を14匹。裏回りの桃ノ地で2人が27~40センチを17匹。前日は屋形の西で阿南黒潮会の竹内啓二さんが30センチ前後を30匹と30センチのイサギ、同型のアイゴを各1匹。胴で2人が38~42センチを中型クーラーに各自満杯。高と高下で阿波波心会の福原淳さんら2人が25~41センチを35匹。東で35センチを主体に28~44・3センチを19匹。

 <恵比須浦>24日、緩い上り潮が流れ水温17・1度。大辰巳周辺のハエで2人が25~32センチのグレ6匹。

 <日和佐>24日、北寄りの風が強く、釣りづらかった。潮はあまり動かなかった。ジンエイソで阿南市の人が35、42センチのグレ2匹と25センチ前後の本ハゲ4匹。

 <愛媛・中泊>22日、鹿島・大滝のハナで阿南市の人がボイル沖アミを餌にウキ下2~2・5ヒロで40~47センチのグレ7匹。同行の人も40~43センチを7匹。食いが渋くハリ外れが数回あった。

 [波止]<恵比須浜>24日、北寄りの風が強かった。10時までアジを餌にアオリイカを狙った人が0・35~1・35キロを3匹。

 <高知・宇佐沖ノ一文字>24日、中央付近で沖アミを餌にフカセ釣りで52センチのチヌ1匹。アイゴやボラは数匹釣れたが型、数ともに未確認。

 <津田沖ノ一文字>23日、水温9・8度。コーナー付近で午前中パッチンを餌に投げた人が18~26センチのキス7匹。小型のキビレが餌を取り釣りづらかった。(県釣連盟報道部)