徳島新聞Web

4月30日(日曜日)
2 2
30日(日)
1日(月)
釣りだより
由岐で30~38センチのアイゴ7匹 4日・若潮   2016/2/4 09:37
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<由岐>2日、波風ともに穏やか。上り潮が流れ水温17・4~17・9度。キクサンで25センチ前後のグレ3匹。テグスで35センチのアイゴ1匹と28センチの本ハゲ2匹。大ネムリで28~34センチのアイゴ2匹。ムギバエでは30~38センチのアイゴ7匹。アタリは多数あったが、急に水温が上がったせいか食いが悪く、ハリ外れが多くあった。

 <大島>2日、12時ごろから北東の風が強くなり風波も高くなったため、13時ごろに佐本回り、櫂投周辺の小さな磯は撤収した。潮はあまり動かず水温は18~19・4度に上昇。渡船10隻が出た。グレはジョウギで2人が30~33センチを4匹。カベで30センチ前後を3匹。馬ノ背で30~35センチを4匹と30、35センチのイサギ2匹。エボシで30~35センチを6匹。

 <宍喰>2日、12時ごろから北東の風が強くなり波も高くなった。水温16・4度。前磯側で31~36センチのグレ4匹と37センチのアイゴ1匹。別の3人も30~39センチのグレ2-4匹。前日には底物狙いで60センチのイシダイ1匹のほか別のサオで38センチのグレ4匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>2日、12時前から北の風が少し吹きだし、波も出てきた。白灯周辺で沖アミを餌にフカセ仕掛けで45センチのチヌ1匹。ウキ下を4~4・5ヒロと深くしているためハリス切れが多かった。

 [イカダ]<宍喰>2日、沖のカセは波風ともに穏やか。潮はあまり動かず水温16度。ウキ下を3ヒロ半~5ヒロで3人が28~43センチのグレ15匹。

 [潮入り川]<吉野川>2日、吉野川はやや増水気味。水温が高く遅れていたが、フウセン釣りで小型ながらボラが掛かりだした。高徳線下流で午前中に35~38センチを7匹。水面を跳ねる姿も見られだしたので、もう少し水温が下がると期待できそうだ。(県釣連盟報道部)