徳島新聞Web

7月29日(金曜日)
2 2
29日(金)
30日(土)
釣りだより
木岐で40センチのチヌ 22日・大潮   2016/2/22 09:47
このエントリーをはてなブックマークに追加

 20日、県内は終日雨が降り南寄りの風が強かった。そのため、県内の渡船は休業したところがほとんどで、比較的波に強い湾内の波止や岸壁も釣り人の姿はほとんどなかった。県南部の磯では数日前から下り潮が流れ沿岸部では水温の低下が続いているが、潮が上り水温が回復すれば釣果も期待できるだろう。また、県南部の渡船区域では比較的水温低下に強いチヌやマダイが釣れる磯が多くある。型も大型が多く引きも強く楽しめる。専門に狙うのもおもしろいだろう。

 [イカダ]<ウチノ海>19日、水温10・5度、中央付近のヤカタでは全体に25~35センチのサヨリが好調。200匹を筆頭に近くで120匹。別のイカダで100匹。それぞれのヤカタで30~80匹。

 <宍喰>19日、沖のカセ付近は、水温17・2~17・5度。潮は出船時は上りで次第に下りに変わった。2人が30~43センチのグレ18匹。ウキ下は3ヒロから4ヒロ。

 [波止]<木岐漁港>20日、雨は降ったが風はなかった。8時から2時間半、沖アミを餌にフカセ釣りで48センチのボラ1匹。フグが多く毎回餌を取られた。

 [磯]<木岐>19日、波風ともに穏やか。下り潮で水温14・5度。一ツ目で28センチのグレ5匹と40センチのチヌ1匹。大辰己周辺のハエで30、38センチのグレ2匹。別の人が30センチのグレ2匹と40センチのチヌ1匹。

 <愛媛・中泊>19日、曇り時々晴れで、風波とも穏やか。横島のカリガハエで吉野川市の山口さんら2人が、ハリス2・5号ハリ7号、ウキ下2~2・5ヒロで30~48センチのグレ25匹と30センチのイサギ3匹。

 <愛媛・矢ケ浜>20日、風が強く波も高かったため12時ごろサオを納めた。愛釣会の人らがゴンゲン1番で35~45センチのグレ13匹。2番でも30~42センチを18匹。3番で30~43センチを11匹。アカバエは2人で35~48センチを30匹。(県釣連盟報道部)