徳島新聞Web

9月25日(月曜日)
2 2
25日(月)
26日(火)
釣りだより
26~32センチのカレイ4匹 ウチノ海 23日・大潮   2016/2/23 09:50
このエントリーをはてなブックマークに追加

 低気圧が通過し晴天となったが、波は残った。県南部の磯は出船したが上がることのできるハエは限られた。

 [波止]<津田沖ノ一文字>21日、コーナーで沖アミを餌に40センチのチヌと65センチのスズキを各1匹。通称ダンサ付近でイガイを餌に40センチのチヌ1匹。ガガネ狙いは、赤灯で20センチ前後を15匹と30センチのアブラメ1匹。同所で20センチ前後を2人が合わせて9匹。

 <牟岐港>21日、東波止で6時半から5時間、鳴門市の人が沖アミを餌に40センチのチヌ1匹。前日の大雨で水温が下がり状況は良くなかった。

 [磯]<大島>21日、上り潮で水温17・2~17・7度。グレは、地ソエで30~35センチを9匹と32センチのイサギ1匹。地冨士は2人が合わせて28~42センチを12匹と50センチのイシダイ1匹。源六は28~35センチを5匹。ヒッツキは30~40センチを2人で23匹。屋形は3人で28~40センチを62匹。エボシ地は30~39センチを15匹。トビツは30~43センチを22匹と25センチの本ハゲ1匹。タニハン地は30センチを3匹。桃地は30~38センチを10匹。

 <宍喰>21日、水温16・3~17・3度。北東の風で波は高かった。グレは、松の下で2人が合わせて30~42センチを8匹。クラセは30~35センチを8匹。前磯では場所は未確認だが43センチのイシダイも釣れていた。

 [イカダ]<ウチノ海>21日、サヨリ狙いは、25~35センチを150匹。別のヤカタで夫婦が同型を160匹。その他のヤカタでも各自100匹前後釣れていた。カレイ狙いは、マムシとアオイソメを抱き合わせて26~32センチを4匹。(県釣連盟報道部)