徳島新聞Web

9月19日(火曜日)
2 2
19日(火)
20日(水)
釣りだより
ウチノ海でサヨリ100匹 2日・小潮   2016/3/2 09:23
このエントリーをはてなブックマークに追加

 29日、県南は前日のうねりが残り波が高かった。水温も上下の変動が激しく磯渡しを見合わせた業者がほとんど。今後水温が安定していくとグレもまだ狙え、乗っ込みのマダイやチヌも釣れはじめるだろう。

 [磯]<大島>29日、渡船3隻。下り潮が流れ水温は場所によってかなりの差があり14・3~16度。うねりが高く一部のハエにしか上がれなかった。本場回りの丸バエで阿南市の人が30センチのイサギ1匹。裏回りのオハナ地で35センチのアイゴ1匹。北ノ地では30~33センチのグレ3匹と30センチのアイゴ1匹。

 <愛媛・中泊>28日、大三角で40センチ前後のグレ3匹。同行の人は43センチを1匹。食いが悪くタナが深いためバラシやサンタが多かった。

 [イカダ]<ウチノ海>29日、風が強く吹き釣りづらかった。ヤカタで京都市の人が25~35センチのサヨリ100匹。近くでも同型を100匹。阿南市の人も同型を90匹。12時すぎからさらに風が強くなり13時半ごろに全員納竿した。

 <高知・吉良川沖>28日、西寄りの2号で70~80センチのメジロとヒラマサ13匹と45~50センチのマダイ3匹。別の人も同型のメジロとヒラマサ7匹と45センチのマダイ1匹。1号では30センチ前後のイサギ主体にグレやサバが釣れたが未確認。

 [波止]<津田沖ノ一文字>28日、南の風が少し吹いたが海は穏やか。赤灯付近でガガネ狙いが28センチ頭に13~18センチを20匹余り。中央付近でチヌ狙いはフカセ釣りで42、45センチを2匹と42センチのアブラメ1匹。

 <香川・三豊市>28日、フェリーで淡島へ渡った人が西側の突堤で沖向きにサオを出し45、49・5センチのチヌ2匹。同行の人も45~49センチを3匹。潮の流れる向きが変わるとアタリがなくなった。

 <高知・室戸>28日、東海岸で7時までアジを餌にサオを出した人が0・3~0・6キロのアオリイカ4匹。前日は西海岸で日中に1~1・5キロを3匹。

 [船釣り]<伊島沖>27日、ジギング専用の仕立て船で出掛けた5人が30~41センチのクロムツ26匹と34センチのキンメダイ2匹、20センチのヒメカサゴ、指幅3本半のタチウオを各1匹。(県釣連盟報道部)