徳島新聞Web

4月27日(木曜日)
2 2
26日(水)
27日(木)
釣りだより
中林で35~46センチのチヌ3匹 23日・大潮   2016/3/23 09:53
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<中林>21日、北の風が北東に変わった。ワラベ石トウフで15時までサオを出した阿南市の山下光夫さんが35~46センチのチヌ3匹。

 <由岐>21日、上り潮が流れ水温13・1~15度に上昇。大バエで44センチのチヌ1匹。ムギバエで44、46センチを2匹。テグスで41センチを1匹。

 <恵比須浦>20日、少し波があり水温12・7度。大辰巳周辺のハエで37センチのチヌ1匹。

 <日和佐>20日、上り潮が流れ水温12・4~12・7度。波が少し高かった。イカリで阿波一風の3人が43~49・5センチのチヌ6匹。

 <津島>21日、北のち北東の強い風が吹き、うねりが少しあり上がれないハエもあった。緩い上り潮が流れ水温13・6~14度だったが午後には16・1度まで上昇。阿南市の理容店が大会を行い18人が参加。23センチ以上のグレ、イサギ、マダイ、チヌ、アイゴ、イシダイの総重量を競った。13時すぎにさらに風が強くなったため撤収したが9人が計量した。平バエで阿南市の條将大さんが4500グラム(31~35センチのアイゴ10匹)で優勝。佐尾山で那賀町の栗本健司さんが4200グラム(39センチのグレと30センチのアイゴ、48・8センチのイシダイを各1匹)で2位。ワレスベリで阿南市の森口剛至さんが1700グラム(38センチのグレと35センチのアイゴを各1匹)で3位。他でもワレ三角で34センチと同西で31センチ、サンゴ東で39センチのグレを各1匹。

 <高知・甲浦>21日、北寄りの風が強く吹き少し波もあった。水温13・8~15・2度。串出の丸バエで28センチのグレと46センチのマダイを各1匹。赤灯台で55センチのキツと30センチのグレを各1匹。

 <高知・鵜来島>21日、北西の強風で水温17・8度。ホトバエから港回りの無名磯に変わった阿南市の2人が35センチのグレ2匹と同型のイサギ2匹。周辺でも30~40センチのグレ2~4匹。13時ごろ風がさらに強くなり撤収。前日は、チョボで2人が45センチのグレ1匹と35センチ前後のイサギ6匹。白岩では35~40センチのグレ10匹余り。

 [イカダ]<ウチノ海>21日、北寄りの風が強く吹き肌寒い1日。ヤカタで沖アミを餌に夫婦が25~33センチのサヨリ230匹。近くでも同型を200、170、120匹。

 [波止]<室戸漁港>20日、港内の岸壁でアジを餌に取り込みにはヤエンを使い1・1キロのアオリイカ1匹。

 <室戸西海岸>20日、アジを餌に1~2キロのアオリイカ4匹。(県釣連盟報道部)