徳島新聞Web

7月22日(土曜日)
2 2
22日(土)
23日(日)
釣りだより
30~35センチのチヌ11匹 津田沖ノ一文字 8日・大潮   2016/4/8 12:55
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [波止]<亀浦>6日、岸壁で午後から沖アミを餌にフカセ釣りをした徳島市の人が45センチのチヌ1匹。隣の人も同型を1匹。

 <津田沖ノ一文字>6日、チヌは、白灯の先端付近で沖アミを餌にフカセ釣りで30~35センチを11匹。赤灯付近では35センチ前後を2匹。別の人は30センチ前後のアブラメ2匹。中央付近は35センチを1匹。別の人は32センチを1匹。コーナー付近は38センチを1匹。航路向きでも32センチを1匹。ルアーで白灯からコーナーまで探った人は40センチ前後のセイゴ2匹と同型のキビレ1匹。

 <小松島港沖ノ一文字>5日、姫路市の4人が20~24センチのメバルを各30匹前後。

 [磯]<由岐>6日、水温15・5~16・9度に上昇。大ネムリでは40、42センチのチヌ2匹。ムギバエは40センチを1匹。

 <高知・泊浦>5日、北西の風が強く吹き多少波があった。小島に磯上がりした藍住町の人が40センチ前後のチヌ4匹と30~45センチのグレ3匹。同行の人は45センチ前後のチヌ2匹と30~40センチのグレ3匹。別の人は50センチ前後のチヌ2匹。もう1人が50センチを1匹。

 <兵庫・沼島>5日、水温13度前後で北風が強く吹いていた。チヌは、大磯で徳島市の人が40~48センチを4匹。同行の人も40センチ前後を2匹。黒ハエでは52センチと50センチのマダイを各1匹。

 [イカダ]<ウチノ海>5日、堂浦のカセで小粒の沖アミを餌にサヨリを狙った人が30~38センチを101匹。別の人も同型を59匹。ヤカタでは28~33センチを各20~25匹。

 [潮入り川]<吉野川>5日、河口付近右岸でパッチンを餌にウキ下4ヒロのフカセ釣りで40センチ前後のキビレ2匹。

 [渓流]<祖谷川>6日、早朝から11時まで、イクラを餌にアメゴを狙った徳島市の人が13~26センチを67匹。最初のポイントでは小型が5匹だったため、別の谷に入り釣果を伸ばした。川は渇水気味だったが、浅いポイントでもアタリは多かった。(県釣連盟報道部)