徳島新聞Web

7月28日(金曜日)
2 2
28日(金)
29日(土)
釣りだより
ウチノ海で26~33センチのサヨリ120匹 13日・小潮   2016/4/13 10:24
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [イカダ]<ウチノ海>11日、北の風が強く吹き釣りづらかった。ヤカタで26~33センチのサヨリはサオ頭が120匹。周辺でも100匹。80匹。別の人も30~100匹。

 [磯]<福村>11日、北の風が強く波も少し高かった。中津回りの黒岩で40センチのチヌ3匹。丸島回りの高飛でも同型を1匹。

 <中林>10日、穏やかな一日。沖磯で40、43センチのチヌ2匹。

 <恵比須浦>9日、水温16・1~16・7度。大辰巳周辺のハエで40、47センチのチヌ2匹。別のハエでも38センチを1匹。

 <津島>11日、下り潮から上り潮になり水温17・3度。ワレ三角で34センチのグレと同型のイシダイを各1匹。

 <高知・甲浦>11日、北東の風が強く吹いた。水温17度。クジラオクで0・6キロのアオリイカ1匹。赤灯台でも0・5キロを1匹。前日は千畳バエで0・5キロを1匹。その後ビシャゴ西に替わり1キロを1匹追加した。同東は1、1・1キロを2匹。長兵衛バエでは赤、金の餌木で0・3、0・4キロを2匹。ミツバエ東で38センチのグレ1匹。別の人は45センチのイシダイ1匹。同中で30~38センチのグレ5匹。棚バエで35センチと50センチのへダイを各1匹。丸バエで46センチのイシダイ1匹。

 <和歌山・串本>10、11の両日、釣メーカーのグレマスターズ全国決勝大会が行われ、各地区予選の通過者にシードを加えた16人が参加。初日は4人ずつのリーグ戦を行い各試合25センチ以上5匹までの重量を競った。3試合の総重量3310グラム(30~35センチ、6匹)、2勝1分けで鷲敷あららぎ会の吉谷正さんが準決勝に進出し3位に入賞した。

 [波止]<津田沖ノ一文字>10日、チヌ狙いは41センチを1匹。2人が30~48・5センチを4匹。38センチを1匹。27センチのヒラメ1匹。ルアーでスズキを狙った8人が75センチを1匹と45センチのセイゴ3匹。メバル狙いの2人は17~30センチを30匹余り。

 <中林漁港沖ノ消波ブロック>11日、出船時から北の風が強く吹き風裏に上がった。40、45センチのチヌ2匹。別の人も43、45センチを2匹。近くでも45センチを1匹。前日は阿南市の人が37~47センチのチヌ10匹。同行の人も43~47センチを3匹と25センチのグレ1匹。

 [お知らせ]16、17日の両日、日和佐で県釣連盟クラブ対抗磯釣り大会が開かれます。一般の釣り人には大変ご迷惑をお掛けしますがご協力をお願いします。(県釣連盟報道部)