徳島新聞Web

7月22日(土曜日)
2 2
22日(土)
23日(日)
釣りだより
35~46センチのチヌ3匹 小松島港沖ノ一文字 14日・小潮   2016/4/14 09:49
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<福村>12日、波風ともに穏やか。水温12度。チヌは一番のホロロで35~40センチを3匹。胴で35センチを1匹。

 <中林>12日、弱い北の風が12時すぎから南に変わったが波は穏やか。消波ブロックで阿南市の井内さんが38~47センチのチヌ7匹。13時半に納竿した別の人が43センチのチヌ1匹と28~30センチのグレ2匹。

 <大島>12日、下り潮が上り潮に変わって水温16・6~17・7度。27~38センチのグレを谷で13匹。潜航艇で7匹。象ノハナで6匹。オハナで2匹と30センチのアイゴ1匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>12日、北東のやや強い風、前日からの波が少々残っていた。沖アミを餌にフカセ仕掛けでチヌを狙い、30~37センチを赤灯周辺で1匹。通称ダンサ周辺で1匹。コーナー周辺で3匹。内向きで1匹。白灯周辺では2人が各自3匹。

 <小松島港沖ノ一文字>12日、南からの弱い風、波は穏やか。白灯周辺で2人がフカセ仕掛けで沖アミを餌にチヌを狙い35~40センチを4匹。中央周辺でも2人が35~38センチを4匹。赤灯寄りで35~46センチを3匹。赤灯周辺では35~38センチを4匹。

 [船釣り]<鳴門海峡>12日、12時すぎから南の風が吹きだしたが波は穏やか。水温12・8度。仕立船で3人が7時間サオを出し、タイラバージグで25~35センチのマダイ3匹と50センチのワニゴチ、30センチのカレイ、20センチのガガネを各1匹。

 <伊島沖>12日、午前中北の風が吹き、波もあったが次第に収まった。乗合船で4人が魚の切り身を餌に胴付き仕掛けで30センチのオニオコゼと40センチのマハタ、38センチのアオハタ、30センチのカレイ、40センチのカガミダイを各1匹、32~38センチのカイワリ2匹、25~35センチのレンコダイ15匹。

 [投げ釣り]<北灘>10日、三津周辺で午前中の4時間、イシゴカイを餌に5本バリ仕掛けで12~20センチのキス25匹。100メートル前後でアタリが多かった。(県釣連盟報道部)