徳島新聞Web

10月23日(月曜日)
2 2
22日(日)
23日(月)
釣りだより
日和佐磯釣り大会 18日・中潮   2016/4/18 10:33
このエントリーをはてなブックマークに追加

日和佐磯釣り大会 18日・中潮
 [磯]<日和佐>16日、県釣連盟クラブ対抗日和佐磯釣り大会1回目が行われ72人が参加した。出船時からうねりがあり南寄りの風が次第に強くなったため、12時に撤収した。潮は上りで水温15・8度。23センチ以上の対象魚(グレ、チヌ、マダイ、アイゴ、イシダイ、イサギ)を26人が計量した。全体的に魚の活性は低く、40~45センチのチヌが主体に持ち込まれグレ、マダイ、イシダイが交じった。総重量は49・59キロ。

 上位入賞は次の皆さん。(数字は重量で単位はグラム)

 <1>妹尾康弘(徳島流遊会)7425<2>松崎壮晃(G・SNIPER)3150<3>中崎高典(徳島夢釣会)3125<4>画星正彦(阿波一風)2975

 上位の釣り場は1位が立島で37~52・5センチのチヌ5匹。2位が大磯で42、46センチを2匹。3位が地の黒ハエで48センチを2匹。4位がジンエイソ43、48・5センチを2匹。

 <福村>16日、14時ごろから南の風が強くなった。水温14度。一番で35センチのチヌ1匹。二番は35~40センチを5匹。中津島回りのウノクソは35センチを4匹。

 <中林>16日、出船時は穏やかだったが次第に南寄りの風が強くなり波も高くなった。エンバエでチヌは、東で40センチを1匹。胴裏で阿南市の山下光夫さんが37~44センチを4匹。西の胴で42センチのキビレ1匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>16日、強い南寄りの風でうねりがあった。コーナーで33、35センチのチヌ2匹。ガガネ狙いで探り歩き20センチ前後を30匹。前日は赤灯で33~40センチのチヌ7匹。他にも同型のチヌの釣果があり1人1~3匹。

 <小松島港沖ノ一文字>16日、38センチ前後のチヌは、赤灯で2匹。中央付近で3匹。近くで1匹。白灯で3人が各3、2、1匹。

 <中林沖ノ消波ブロック>16日、チヌは、40、42センチを2匹。別の2人が43、46センチを各1匹。(県釣連盟報道部)
【写真説明】県釣連盟日和佐磯釣り大会1回目入賞者の皆さん