徳島新聞Web

5月30日(火曜日)
2 2
30日(火)
31日(水)
釣りだより
新町川で43センチのキビレ 23日・大潮   2016/4/23 09:57
このエントリーをはてなブックマークに追加

 21日、前線を伴った低気圧が日本海を通過し、大気の状態が不安定になり激しい雨が降った。釣り人も少なくほとんどの渡船が休業を余儀なくされた。県南では水温が上昇し、各所でグレが釣れはじめたので荒れ後に期待できそうだ。

 [潮入り川]<新町川>21日、両国橋上流左岸で5グラムのジグヘッドにオレンジ色のワームを付け徳島市の人が43センチのキビレ2匹。

 [磯]<津島>20日、水温17・7~18・2度。下り潮。グレの食いが良くなってきた。チョウセンで31、32センチを2匹。クレ石東で30~41センチを7匹。ワレ三角で29~40センチを5匹。同スベリで29~46センチを9匹。サンゴ東は44センチを1匹。

 <兵庫・沼島>20日、水温15度前後。南からのうねりが少しあった。35~52センチのチヌが好調。場所によれば50センチを超えているチヌも多く上がりはじめた。古水で15匹。五合で11匹。別の人は6匹。ヤカタは3人が14匹。黒磯で6匹。三ケ崎で3匹と35センチのグレ1匹。青磯も3匹と25センチのグレ2匹。クジラで2匹。

 [船釣り]<伊島沖>20日、水温16度前後。うねりがあり、14時に帰港した。水温300メートル前後の場所で300グラムのジグとサバの切身を使って41センチ前後のクロムツと30センチ前後のアカムツを各2匹。40~43センチのサバと20~22センチのユメカサゴを各5匹。28センチのキンメダイ1匹。

 <牟岐沖>20日、仕立船で沖アミを餌にフカセ仕掛けでイサギを狙った人が30センチ前後を20匹。ウキ下6ヒロ前後でアタリがあった。

 [イカダ]<宍喰>20日、水温17・5~17・8度。風は穏やかだったが、うねりがあった。沖のカセで3人が38~43センチのグレ9匹と31、39センチのイサギ2匹。ウキ下サオ1本半前後でアタリがあった。(県釣連盟報道部)