徳島新聞Web

6月26日(月曜日)
2 2
26日(月)
27日(火)
釣りだより
亀浦で45、60センチのマダイ 29日・小潮   2016/4/29 09:40
このエントリーをはてなブックマークに追加

 27日は前線を伴う低気圧が発達しながら日本の南を東へ進んでいった。そのため午後から雨模様となり南からの風も強く吹き、海上では波も高くなっていた。

 [波止]<亀浦>27日、早朝から3時間、沖アミを餌にウキ下6ヒロ前後でフカセ釣りをした徳島市の人が45、60センチのマダイ2匹と48センチのチヌ1匹。ほかにも数回のバラシがあったそうだ。

 <津田沖ノ一文字>27日、白灯周辺でルアーを投げ60センチのスズキ1匹。

 <小松島港沖ノ一文字>27日、赤灯付近で沖アミを餌にフカセ釣りで35センチのチヌ1匹。

 [磯]<小神子>27日、雉子岩のカンムリでは35センチ前後のチヌ2匹。千石では40センチのチヌ1匹。

 <大島>26日、水温16・3度~17・6度で下り潮。グレは、本場回りのピストルで30~33センチを5匹。馬ノ背では35センチ前後を2匹。俵も30センチ前後を2匹。金輪は27~36センチのイサギ7匹。ヒッツキは35センチ前後を10匹。裏回りのタタミで30~48センチを5匹。桃オチ地では30~37センチを4匹。桃オチでも数は未確認だがよくサオを曲げていた。

 <兵庫・沼島>27日、水温15・4度。東の風がやや強く吹き、チヌの食いが少し渋くなっていたが良型のグレが上がっていた。三ケ崎では42、43センチのグレ2匹と30センチ前後のグレ数匹、40センチ前後のチヌ2匹。26日は下立神で25~30センチのグレ5匹と45センチのチヌ1匹。

 <高知・甲浦>26日、水温17・4度でやや波が高かった。ビシャゴ西では0・8、2・2キロのアオリイカ2匹。

 <愛媛・武者泊>26日、うねりが少々あった。沖スズキとヤッカンでサオを出した小松島市の人が33~47センチのグレ13匹と30~37センチのイサギ8匹。ほとんどが沖スズキでの釣果だった。同行の人がヤッカンで65センチのマダイ1匹。(県釣連盟報道部)