徳島新聞Web

9月19日(火曜日)
2 2
19日(火)
20日(水)
釣りだより
牟岐沖でイサギ好調 7日・大潮   2016/5/7 09:45
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [船釣り]<牟岐沖>5日、水温17・8~18・8度。下り潮から潮が止まり波が高かった。徳島市の2人が沖アミを餌にウキ下サオ2本半から3本で30~38センチのイサギ37匹と32~41センチのグレ4匹、40センチのヒラソウダ1匹。別の船は2人が23~40センチのイサギ32匹。

 [イカダ]<宍喰>5日、沖のカセはハリス1・7号でウキ下サオ1本半から2本で30~42センチのグレ33匹。

 <高知・甲浦>5日、1号で33~45センチのグレ4匹。2号で50センチのチヌ1匹と25センチの本ハゲ2匹。

 [磯]<福村>4日、水温17度。風はなかったが、うねりがあった。丸島周りの松傘のヘリで40センチのチヌ1匹。

 <香川・引田>5日、松島のロープで鳴門市の人が50、55センチのチヌ2匹と30センチのマダイ3匹、27~28センチのアジ5匹。沖の離岸堤で徳島市の人が40~47センチのチヌ6匹。別の人は同型を4匹。前日は、餌メーカーファングループ徳島支部のチヌ釣り大会が行われた。前日の雨や風で天候が心配されたが、風が強かったものの終日サオが出せた。3匹までの重量で30~50センチを計量し、優勝は沖の離岸堤で徳島市の浜中賢太郎さんが4090グラム。2位も沖の離岸堤で3910グラム。3位は松西で2670グラム。

 <高知・甲浦>5日、水温18・7度。波が高かった。高バエで25~30センチのグレ4匹。赤灯台で30センチを1匹。ビシャゴ西で1・3キロのアオリイカ1匹。

 [波止]<香川・相生漁港>5日、13時から5時間、吉野川市の人が沖アミとネリ餌を使い38~45センチのチヌ5匹。餌取りが多く釣りづらかった。(県釣連盟報道部)