徳島新聞Web

3月30日(木曜日)
2 2
30日(木)
31日(金)
釣りだより
30センチ前後のイサギ57匹 伊島沖 11日・中潮   2016/5/11 10:08
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<大島>9日、悪天候を予想したのか渡船は2隻と少なく釣り人も3人。上り潮が下り潮に変わり、水温18~19度。12時前に南東の風が吹き出しうねりも出てきたため14時に納竿した。ピストルで山口魚影会の山田利明さんがハリス1・2号グレバリ5号のフカセ釣りでウキ下を10ヒロと深く探り35センチのイサギ1匹。

 <由岐>8日、速い下り潮が流れ水温18・9度。グレは、大ネムリで26~33センチを4匹。ヒラバエで31センチを1匹。テグスで25~34センチを5匹と40センチのアイゴ2匹。

 <高知・甲浦>8日、少し波があり水温18・6度。クジラで25~29センチのグレ10匹。丸バエでは底物を狙った人が30センチのイシガキダイと37センチのイシダイを各1匹。

 [船釣り]<伊島沖>8日、北西の風が吹き水温18~18・5度。自家用船で出掛けた阿南市の夫婦が11時から約3時間沖アミを餌に3本バリのテンビン仕掛けでサオを出し30センチ前後のイサギ57匹と好調。乗合船で出掛けた3人は本ハゲ狙いでサオを出し15~30・3センチを111匹。竿頭は56匹。前日は水温18・5~20・5度。東のち南の風で少しうねりもあった。乗合船で4人が出掛け、根魚を狙いサバやサンマの切り身を餌に100~150号のオモリを付けたテンビン仕掛けでサオを出した。25~38センチのオニオコゼ19匹と20~28センチのガガネ、18~22センチのアヤメカサゴ、20~30センチのレンコダイを各5匹、28センチのエビスダイ、32センチのアマダイ、20センチのユメカサゴ、25センチのメバルを各1匹、30センチのムツ2匹。

 [投げ釣り]<新町川>8日、河口左岸の突堤で7時から7時間半、マムシとアオイソメ、イシゴカイを餌に18~20センチのキス4匹と40センチのアブラメ1匹、31、42センチのキビレ2匹。

 <津田沖ノ一文字>8日、コーナー付近でパッチンを餌に投げた人が20センチ前後のキス3匹と25~30センチのキビレ4匹、30センチのアブラメ1匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>8日、赤灯付近でルアーを投げた人が60センチのマゴチ1匹。コーナー付近では40センチのセイゴと60センチのスズキを各1匹。別の人は40センチのヒラスズキ1匹。

 ガガネ狙いで探り歩いた人は20~26センチを6匹。通称ジャンボで沖アミを餌にフカセ釣りで30、45センチのチヌ2匹。

 [イカダ]<高知・甲浦>8日、1号でサオを出した人が30~36センチのグレ3匹と23、26センチの本ハゲ2匹。(県釣連盟報道部)