徳島新聞Web

8月22日(火曜日)
2 2
22日(火)
23日(水)
釣りだより
由岐で26~34センチのグレ5匹 21日・大潮   2016/5/21 09:47
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<中林>19日、午前中は北西の風で午後からは南の風に変わるが波はなかった。グレは、高崎で23~26センチを8匹。エンバエは西で25~30センチを12匹と20~25センチのマダイ7匹、20センチのアジ1匹。西の胴で25~30センチを10匹と20~25センチのマダイ6匹、20センチのアジ1匹。東は25~30センチを10匹と20~25センチのマダイ8匹、20センチのアジ3匹。

 <由岐>19日、水温18・6度。波が高く低いハエには上がれなかった。ムギバエで26~34センチのグレ5匹と37センチのアイゴ1匹。別の人も26、36センチのグレ2匹。

 <大島>19日、下り潮が流れ水温20度。グレは本場回りのホリモンで30~35センチを5匹。象ノハナで28~38センチを7匹。金輪では2人が30センチを1匹と30~35センチのイサギ7匹。屋形で底物狙いが51センチのイシダイ1匹。別の人は61・5センチのアオブダイ1匹。佐本回りはオシドリで31~40センチを3匹と26~31センチのイサギ3匹。櫂投回りはタニハンで30~45センチを7匹。ジイで28~36センチを6匹と34センチのイサギ1匹。

 <恵比須浦>18日、下り潮が流れ水温18・4度。大辰巳周辺のハエで28~33センチのグレ9匹。近くでも同型を6匹。30センチを1匹。

 [イカダ]<ウチノ海>19日、堀越寄りのヤカタで阿南市の2人が加工沖アミを餌にウキ下10ヒロ半前後と深く探りハリス1・5号のフカセ釣りで44~49センチのチヌ3匹。干潮前後の潮が緩んだときにアタリが集中した。また20センチ前後のイワシの姿が多数みられ、専門に狙ってみるのも面白そうだ。

 <高知・吉良川沖>19日、2号で40センチのイシダイ1匹と35センチのグレ2匹。前日の半夜釣りでは25センチ前後のイサギ主体に同型のアジ、本ハゲで中型クーラー満杯。別の人も8分目。

 [波止]<浅川>18日、水潮で薄濁り。アジを餌に0・4キロのアオリイカ1匹。

 <高知・甲浦>18日、岸壁でアジを餌にアオリイカを狙った人が0・4キロを1匹。

 [船釣り]<伊島沖>19日、北西の風で水温19~21・5度。乗合船で出掛けて釣った魚を餌に51センチのカンパチ1匹と55~82センチのハマチとメジロ合わせて6匹、45、50センチのマダイ2匹、49センチのヒラメ1匹。別の船は本ハゲ狙いで出船し17~29・5センチを95匹。サオ頭は30匹。

 [ルアー]<那賀川>18日、那賀川橋上流左岸で17時ごろ、阿南市の小学生島田光(ひかり)君がフローティングミノウで74センチのスズキ1匹。前日も同所で60センチを1匹。(県釣連盟報道部)