徳島新聞Web

4月30日(日曜日)
2 2
30日(日)
1日(月)
釣りだより
海部川で18~20センチのアユ好調 3日・中潮   2016/6/3 09:46
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [波止]<津田沖ノ一文字>1日、赤灯付近でパッチンを餌にチョイ投げで32~38センチのキビレ3匹。赤アミを餌にサビキ仕掛けは20~22センチのアジ5匹を頭に5センチ前後は多数。通称ダンサでは沖アミを餌に探って18~22センチのガガネ70匹。コーナー付近でイシゴカイを餌に投げ釣りで15~22センチのキス16匹。ジャンボは落とし込み釣りで32センチのキビレと45センチのカンダイを各1匹。

 <小松島港沖ノ一文字>1日、イガイを餌に落とし込み釣りは40~47センチのチヌ7匹。別の人も同型のチヌ5匹。沖アミを餌にフカセ釣りでグレ狙いは20センチ前後を15匹。

 [磯]<由岐>1日、水温20・9度、北寄りの風が強く吹いた。瀬のハエではフカセ釣りで33~37センチのグレ5匹。底物仕掛けで36、40センチのイシガキダイ2匹。テグスでは26~39センチのグレ14匹。

 [潮入り川]<新町川>1日、両国橋上流左岸では徳島市の人がジグヘッドにオレンジ系のチヌ用ワームを使い42センチのキビレ1匹。31日も同じ人が同仕掛けで44センチを1匹。いずれも1投目にアタリがあった。

 [イカダ]<ウチノ海>1日、堂浦のヤカタから沖アミを餌にカカリ釣りをした2人が25~59センチのマダイ6匹と25~38センチのチヌ4匹。

 <宍喰>1日、水温20度で波が高く9時すぎから釣りづらくなった。沖のカセは1号で2人が35~40センチのグレ3匹と30センチのイサギ1匹。

 [友釣り]<穴吹川>1日、宮内周辺で10時からサオを出した人が13~18センチのアユ13匹。アユが分散しておらず掛かる場所がはっきりしていた。

 <海部川>1日、18~20センチのアユが主体で例年より型が良かったようだ。皆ノ瀬では3人が12時すぎまでに20、30、32匹。神野周辺では徳島市の人が46匹。大井周辺では小型も交じったが5人が合わせて114匹。支流の相川谷では12時までに30匹。15時までの人は32匹。少し上流でも3人が20、30、47匹の釣果。(県釣連盟報道部)