徳島新聞Web

10月23日(月曜日)
2 2
23日(月)
24日(火)
釣りだより
勝浦川で15~20センチのアユ36匹 17日・中潮   2016/6/17 10:32
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [友釣り]<勝浦川>15日解禁を迎え、2日前の雨の影響で、平水より約20センチ増水でやや濁りも残っていた。中流域の横瀬橋周辺で16~20センチのアユ20匹。近くでは13~14センチ主体に15匹と場所によって釣果に差が付いた。上勝町の福原橋周辺は13~18センチを35匹。隣の人も同型を36匹。9時からサオを出した人は15~18センチを30匹。少し上流では15~20センチを36匹。流芯を狙うと型は良かったが、流れの弱いところは小型が多かった。

 <海部川>15日、本流は水量が多く少し濁っていた。相川谷で午前中サオを出した人が14~21センチのアユ30匹。同行の人は同型を24匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>15日、赤灯付近で赤アミを餌にサビキ釣りで23センチ前後のアジ2匹。沖アミを餌にコーナーから白灯まで探り歩いた人は15~20センチのガガネ50匹余り。

 <小松島港沖ノ一文字>15日、中央付近の裏向きで沖アミを餌にフカセ釣りで30センチ前後のチヌ2匹。グレ狙いの2人は18センチ前後を合わせて20匹。ガガネを専門に狙った人は20センチ前後を約30匹。

 [磯]<愛媛・矢ケ浜>15日、波はなく風も気にならない程度。嘉島周辺で30~40センチのグレを中型クーラーに満杯となったため、11時でサオを納めた。

 <愛媛・武者泊>15日、波はなかったが、午後から南の風が強くなってきた。ヤッカンのナダレで3人が合わせて40センチ前後のグレ4匹と35センチ前後のイサギ20匹。周囲にサメが回遊しており、掛けたイサギの多くをサメに取られた。

 [船釣り]<高知・室戸沖>14日、仕立て船からウキ下25ヒロ前後で沖アミを餌にカゴ仕掛けで、ハリス8号の2本バリで2人が合わせて27~30センチのウメイロ28匹と30~38センチのイサギ56匹、45~50センチのサバ20匹、40センチ前後のグレ8匹の釣果。この日も数回バラシがあったが、数日前には20キロ余りのカンパチが上がっており、ほかにも回遊している様子。(県釣連盟報道部)