徳島新聞Web

10月18日(水曜日)
2 2
18日(水)
19日(木)
釣りだより
由岐で17~25センチのキス23匹 22日・中潮   2016/6/22 10:08
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<愛媛・日振島>20日、終日雨が降り時折雷も鳴った。少し波があり低いハエには上がれなかった。7番で阿南市の人が30~40センチのイサギ30匹余り。磯は未確認だが27~40センチのグレ30匹。

 [イカダ]<ウチノ海>20日、ヤカタでカカリ釣りは32、38センチのチヌ2匹。サビキ仕掛けでは5センチ前後のマメアジ200匹。前日は、サナギをダンゴに包みカカリ釣りで35~41センチのチヌ3匹。同餌とネリ餌を併用した人も30、39センチを2匹。サビキ仕掛けでは20センチオーバーのアジ交じりでマメアジ、イワシ多数。

 <由岐>20日、波が高かった。水温23度。キス狙いの人がイシゴカイを餌にサオを出し17~25センチを23匹と25センチの本ハゲ3匹。大きなアタリも数回あったが取り込めなかった。

 <高知・吉良川沖>19日、1号で底物を狙った人が67センチのイシダイ1匹を仕留めた。

 [ルアー]<高知・甲浦>20日、曇りのち雨で少し波があった。水温24度。棚バエに上がった小松島市の人が52センチのユカタハタ1匹。

 [船釣り]<伊島沖>19日、乗合船で出掛けた船が40~72センチのマダイ5匹と60、78センチのサワラ、95、97センチのブリを各2匹、45~63センチのヒラメ3匹、45センチのトビハタ、40センチのキジハタを各1匹、カイワリとホウボウ、サバを各数匹。別の船は28~38センチのイサギ15匹と40センチのグレ、50センチのマダイを各1匹、40~45センチのサバと28~32センチのアジ、40センチ前後のイトヨリを各数匹。

 <浅川沖>19日、西の風が吹いたが波はなかった。タイラバージグでサオを出した人が25~45センチのマダイ10匹と15~40センチのイトヨリ5匹、30~45センチのアオハタ3匹。

 [投げ釣り]<津田海岸町>19日、徳島協会投げ釣り大会が38人の参加で行われた。釣り場は県内なら自由で13時までに津田海岸町へ帰着し計量。順位はキスの1匹の長寸と10匹の重量の各順位で決めた。時折激しく雨が降る悪条件の中、29センチを最長に20人が計量した。また、対象外では45・6センチのチヌや大型のキビレも目を引いた。上位者は次の皆さん(長さは1匹、重量は10匹)。優勝は椿町で28・2センチ、1240グラムで徳島セントラルサーフの東條正浩さん。2位も同所で26・9センチ、1210グラムで徳島キャスターズクラブの杉本安夫さん。3位は那賀川町で26・4センチ926グラムで同クラブの下村勝さん。(県釣連盟報道部)