徳島新聞Web

6月28日(水曜日)
2 2
28日(水)
29日(木)
釣りだより
吉野川で79センチのスズキ 26日・小潮   2016/6/26 09:54
このエントリーをはてなブックマークに追加

 24日、県内は梅雨前線や湿った空気の影響で雨が降ったりやんだりと安定しない一日だった。

 [イカダ]<宍喰>24日、雨が強く降り10時半に納竿した。沖のカセは1号でサオを出した人がウキ下1ヒロ半~2ヒロのフカセ釣りで30~38センチのグレ6匹。

 [波止]<那佐湾>24日、8時から約5時間、沖アミをマキ餌にサシ餌には沖アミとイシゴカイを併用したフカセ釣りで32、46センチのチヌ2匹と21~23センチのグレ3匹、24センチのキス1匹。付近で赤アミを餌にサビキ釣りで7センチ前後のアジ80匹。

 <浅川港>24日、7時から約4時間半、沖アミを餌にフカセ釣りでウキ下2~3ヒロを狙い42、52・5センチのチヌ2匹と23~31センチのグレ3匹。付近でイシゴカイを餌に投げ釣りをしていた人は12~21センチのキス17匹。

 <牟岐港>24日、11時から約5時間、落とし込み釣りで徳島市の吉井博史さんが35~49センチのチヌ6匹。付近で沖アミをマキ餌にサシ餌には沖アミとコーンを併用した人は28~42センチのチヌと23~32センチのグレを各3匹。

 <椿泊湾>24日、14時から約4時間、赤アミを餌にサビキ釣りで7センチ前後のアジを150匹。付近で別の2人連れも同型のアジを合わせて200匹。イシゴカイとアオイソメを併用して投げ釣りをしていた人は38センチのキビレと25センチのキスを各1匹。

 <小松島港>24日、日没後の約3時間、赤アミを餌にサビキ釣りで7~8センチのアジを80匹前後。表層付近ではアタリが少なく底付近を探っての釣果。付近で4人がサオを出していたが同型のアジを各自40~60匹釣っていた。

 [潮入り川]24日、新町川河口で約1時間半、アオイソメを餌にウキ釣りで25~34センチのキビレ4匹と30センチのセイゴ1匹。

 [ルアー]<大里松原海岸>24日、夜明け前の3時間、中央付近から海部川河口周辺を釣り歩いた人が18センチのフローティングミノウで62センチのヒラスズキ1匹。付近で別の人がシンキングミノウで58センチを1匹。

 <吉野川>24日、河口部左岸で日没後の約1時間半、9センチのシンキングミノウとストレートワームのジグヘッドリグを併用して51、79センチのスズキ2匹と49センチのチヌ1匹。表層から中層で仕掛けを巻いてくるとアタリがあった。(県釣連盟報道部)