徳島新聞Web

10月23日(月曜日)
2 2
23日(月)
24日(火)
釣りだより
35~42センチのマルソウダ7匹 由岐 17日・大潮   2016/7/17 10:31
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [友釣り]<勝浦川>ほぼ平水。8時から16時まで、通称病院前でサオを出した人が15~21センチのアユ37匹。14日は、上勝町の福原橋上流で徳島市の人が14~19センチを18匹。

 <海部川>15日、本流は平水。大井周辺でサオを出した人が13~20センチのアユ36匹。同行の人も同型を20匹。近くで11時半から4時間釣った人も20匹。小川と皆ノ瀬の2カ所で7時半から6時間半釣った人は同型を31匹。

 [波止]<津田>14日、新町川河口右岸の岸壁で午前中の2時間、赤アミを餌にサビキ仕掛けで10センチ前後のアジ150匹余り。

 <津田沖ノ一文字>15日、白灯付近で赤アミを餌にサビキ釣りで25センチ前後のトツカアジ5匹と10センチ前後のミニアジ200匹余り。赤灯周辺でも同仕掛けで25センチのトツカアジ1匹と10センチ前後のミニアジ100匹前後。別の人は同型のミニアジ50匹とチョイ投げで15~25センチのキス8匹、沖アミを餌に探って20センチ前後のガガネ10匹。コーナーから白灯までをチョイ投げした人は16~25センチのキス25匹。同所を探った人は16~22センチのガガネ17匹。通称ジャンボでイガイを餌に落とし込み釣りで35センチのチヌ1匹。

 [イカダ]<ウチノ海>15日、堂浦のカセでサシ餌に沖アミと生サナギ、ネリ餌を使い分けてカカリ釣りで40センチのマダイ1匹と28センチ前後のチヌ2匹。ヤカタではヌカと赤アミを混ぜたマキ餌と小粒の沖アミをサシ餌に30センチ前後のサヨリ60匹。

 <由岐>15日、水温25度で波はなく穏やかだった。阿南市の野中邦男さんら2人が沖アミを餌に25~32センチのマダイ11匹と35~42センチのマルソウダ7匹。仕掛けを替えて25~30センチの本ハゲ6匹。

 <宍喰>15日、沖の1号カセ周辺で潮の動きは悪かった。沖アミを餌にウキ下を5ヒロ前後でフカセ釣りをした2人が30~42センチのイサギ14匹と35~40センチのグレ5匹、45センチのヒラソウダ1匹。

 [船釣り]<牟岐沖>15日、仕立て船から沖アミを餌に40~50センチのヒラソウダ10匹。(県釣連盟報道部)