徳島新聞Web

3月24日(金曜日)
2 2
23日(木)
24日(金)
釣りだより
35、47センチのチヌ 津田沖ノ一文字 21日・中潮   2016/7/21 10:09
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<由岐>19日、波は穏やか。北寄りの風が少々吹き涼しくなったので終了までサオを出せた。水温24・9度。テグスで28センチ前後のグレと28、35センチのアイゴを各2匹。瀬のハエで35~38センチのイシガキダイ3匹。

 [イカダ]<小鳴門海峡>19日、波風ともに穏やか。サナギと沖アミの併用でカセからチヌを狙った人が25~36センチを9匹。

 <椿泊>19日、波風ともに穏やか。24~25センチのトツカアジの食いが活発。マキ餌カゴの下に1本バリ仕掛けで12時までに25リットルのクーラーに満杯。

 <由岐>19日、沖アミを餌にフカセ仕掛けで28~33センチのマダイ4匹と28センチの本ハゲ1匹。

 <宍喰>19日、沖のカセは1号で3人がウキ下5~7ヒロで35~40センチのイサギ3匹と40センチ前後のサバ2匹、30センチのアカハタ、26センチのイシガキダイを各1匹。2号でも3人がウキ下3~10ヒロで30~40センチのイサギ13匹と40~45センチのグレ4匹、40センチのシマアジ、同型のマアジを各1匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>19日、北寄りの風が少し吹いたが波は穏やか。コーナー周辺でイガイを餌に35、47センチのチヌ2匹。赤灯周辺でサビキ釣りで10センチ前後のアジ100匹と20センチ前後のサバ50匹。白灯周辺でも同様の仕掛けで2人が10センチ前後のアジ230匹と25センチ前後のトツカアジ3匹。

 <小松島港沖ノ一文字>19日、波風ともに穏やか。中央周辺でイシゴカイを餌に20~25センチのグレ30匹。赤灯周辺ではサビキ釣りで10センチ前後のアジと23センチ前後のグレ5匹で24リットルのクーラーに8分目。

 [友釣り]<勝浦川>19日、平水で飯谷周辺から下流は少し濁っていた。横瀬周辺で10時から5時間余りで16~22センチのアユ24匹。沼江周辺では8時から8時間で同型を21匹。

 <海部川>19日、平水で濁りはなかった。神野周辺で15時から2時間で16~21センチのアユ8匹。三筒周辺では14時から3時間半で13~22センチを20匹。前日には笹草周辺で2人が9時から6時間余りで17~21センチを33匹。

 [投げ釣り]<小松海岸>18日、5時から4時間、イシゴカイを餌に10本バリ仕掛けで中央周辺から北寄りに釣り歩いた人は10~20センチのキス86匹。100メートル以内でアタリが多かった。(県釣連盟報道部)