徳島新聞Web

9月20日(水曜日)
2 2
20日(水)
21日(木)
釣りだより
40~45センチのヒラソウダ 津島沖 2日・大潮   2016/8/2 09:26
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [波止]<津田沖ノ一文字>31日、アジ狙いは、赤灯で2人が10センチ前後を各自300匹。キス狙いは、白灯の先端で13~26センチを31匹と30センチ前後のキビレ2匹。

 <小松島港沖ノ一文字>31日、アジ狙いは、赤灯で12センチを300匹。グレ狙いは、中央付近で25センチ前後を30匹。

 [磯]<宍喰>31日、前磯側は、水温27度。場所は未確認だが底物仕掛けで30~40センチのイシガキダイ5匹。別のハエで48センチのイシダイ1匹。

 [イカダ]<由岐>31日、水温26・2度。25~28センチの本ハゲ7匹と25、30センチのアイゴ2匹。12時前に納竿した。

 [船釣り]<津島沖>31日、水温26度で潮は、ほとんど動かなかった。徳島市の3人が合わせて30~40センチのイサギ10匹と40~45センチのヒラソウダ13匹。タナはイサギがサオ2本でカツオは、3ヒロだった。

 [友釣り]<勝浦川>31日、10センチくらいの渇水で濁りはなかった。上沖野周辺で6時から5時間、14~19センチのアユ40匹。同時刻、通称イナバで15~20センチを30匹。

 [投げ釣り]<大里松原海岸>31日、全日本サーフ徳島協会のキス投げ釣り団体戦が13チーム(37人)の参加で行われた。6時30分から4時間、1チーム3人の合計重量を競った。1408グラムでセントラルサーフBが優勝、2位は、1138グラムでキャスターズクラブB、3位は、キャスターズクラブA。中央部でサオを出したセントラルサーフの柳本耕四郎さんが746グラムで個人最高重量。(県釣連盟報道部)