徳島新聞Web

7月27日(木曜日)
2 2
27日(木)
28日(金)
釣りだより
26~40センチのチヌ17匹 小鳴門海峡 18日・大潮   2016/8/18 10:20
このエントリーをはてなブックマークに追加

 16日、県内は晴天が続き、海も川も水温が高く魚の食いがあまりよくない。雨が待ち遠しい。暑い日が続くが釣り場ではライフジャケットを着用して安全に釣りを楽しみたいものだ。

 [イカダ]<小鳴門海峡>16日、10時ごろから南寄りの風が吹きだしたが、波はほとんどなかった。カセからサナギを餌に26~40センチのチヌ17匹。

 <由岐>16日、前日からのうねりが残り、10時すぎから南東の風が少しの間吹いたが次第に収まった。水温28・4度。7時から5時間、沖アミを餌にフカセ釣りで35センチのマルソウダ1匹と、別のサオでイシゴカイを餌に胴付き仕掛けで26~28センチの本ハゲ4匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>16日、前日からのうねりが残り、10時ごろから東寄りの風が少し吹いた。赤灯周辺で2人がサビキ釣りで12~13センチのマメアジを各50匹。イガイを餌に落とし込み釣りで2人が35~48センチのチヌ6匹。別の人が40、45センチのチヌ2匹と30センチのキビレ1匹。コーナー周辺の内向きで沖アミを餌にフカセ釣りで45センチのチヌ1匹。

 <小松島港沖ノ一文字>16日、波風ともに穏やか。中央周辺で25~30センチのグレ10匹。赤灯周辺ではサビキ釣りで12~13センチのマメアジ15匹。白灯寄りでコーンを餌に35センチのチヌ1匹。

 [友釣り]<勝浦川>16日、渇水気味。沼江周辺で6時から9時間、16~21センチのアユ18匹。通称イナバ周辺で同型を45匹。

 <海部川>16日、前日より10センチ程度増水したが濁りはほとんどなかった。笹草で8時すぎから7時間で15~20センチのアユ20匹。桑原で8時すぎから8時間で15~16センチを主体に13~20センチを51匹。前日には三筒で14~20センチを20匹。大井橋周辺で15~22センチを27匹。別の人が15~21センチを33匹。

 [投げ釣り]<北の脇海岸>15日、波風ともに穏やか。8時から2時間、イシゴカイを餌に10本バリ仕掛けで10~15センチのキス65匹。水温が高いせいか15メートル以内の波打ち際しかアタリがなかった。(県釣連盟報道部)