徳島新聞Web

5月30日(火曜日)
2 2
29日(月)
30日(火)
釣りだより
中林で25~43センチのチヌ5匹 21日・中潮   2016/9/21 09:59
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<福村>19日、波風ともに穏やか。水温26度。淡島回りの一番胴で28~30センチのチヌ3匹。

 <中林>19日、台風の影響もなく緩い北の風で穏やか。エンバエ西で阿波一風の中田太陽さんが30センチを主体に25~43センチのチヌ5匹と27~28センチのマルアジ5匹。

 [イカダ]<宍喰>19日、波風ともに穏やか。薄濁りで潮の動きも悪かった。山口魚影会の山田利明さんと阿波波心会の福原淳さんが加工沖アミやコーン、ネリ餌を使い分けハリス1~1・2号、チヌバリ2~3号でウキ下3ヒロ半~5ヒロでサオを出し25~42センチのチヌ6匹と27~47センチのへダイ7匹、30~35センチのアイゴ3匹。コロダイらしき取り込めないアタリが2人で10回ほどあったので専門に狙うのも面白そうだ。

 [波止]<辰巳北突堤>19日、先端付近で早朝の2時間余り、冷凍キビナゴを餌に引き釣りをした阿南市の人が指幅2本半~4本のタチウオ15匹。その後、付け根寄りに移動してルアーを投げ20~25センチのメッキアジ4匹。

 <辰巳南突堤>19日、早朝の2時間ほど先端付近でサオを出した人が指幅2本半~3本のタチウオ20匹。その後、少し移動してルアーを投げ37センチのセイゴ1匹と20~24センチのメッキアジ10匹。

 <大潟工業団地裏>19日、北寄りの風が少し強く吹き薄濁り。潮はあまり動かなかった。12時すぎから約4時間半、岸壁の西側でサオを出した阿南市の人がハリス0・8号、チヌバリ2号のフカセ釣りでウキ下2ヒロで20センチ前後のチヌ5匹と同型のキビレ2匹。

 <和田島T字型ブロック>18日、11時から約1時間、餌木を投げた人が0・2~0・4キロのアオリイカ9匹と0・4、0・5キロのコウイカ2匹。

 <牟岐漁港>18日、終日雨が降り薄濁り。岸壁で12時半から約5時間半、阿南市の竹内啓二さんが市販の加工沖アミとコーンを併用しハリス1・2号、チヌバリ2号でウキ下4ヒロ前後を探り25、26センチのキビレ2匹と23センチのチヌ1匹、20センチのマダイ3匹、18センチ前後のアジ5匹。近くで赤アミを餌にサビキ仕掛けで17センチを主体に13~20センチのアジ30匹余り。

 [船釣り]<橘湾>19日、水潮気味で薄濁り。自家用船で出掛けた阿南市の3人が6時半から約3時間半、磯付近を移動しながら2・5~3号の餌木を投げて0・2~0・3キロのアオリイカ11匹。餌木の色はオレンジやピンクにアタリが多かった。(県釣連盟報道部)