徳島新聞Web

3月30日(木曜日)
2 2
30日(木)
31日(金)
釣りだより
宍喰沖で30~40センチのイサギ42匹 14日・大潮   2016/10/14 10:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [波止]<津田沖ノ一文字>12日、赤灯付近はサビキ仕掛けで16~17センチのアジ50匹。コーナー付近では同様の仕掛けで30センチのマルアジ2匹。フカセ仕掛けでチヌ狙いは通称三本で30、35センチを2匹。別の人は38、48センチを2匹。コーナー付近では30センチ前後を3匹。別の人は25、48センチを2匹。白灯付近は28センチのグレ1匹。

 <小松島港沖ノ一文字>12日、赤灯の中央寄りは沖アミを餌にフカセ釣りで28~38センチのチヌ7匹。別の人も30~35センチを5匹。中央付近では20~25センチのグレ15匹。白灯の中央寄りでも同型のグレ10匹と16~17センチのアジ20匹。白灯付近は2人で20~25センチのグレ20匹と30センチ前後のチヌ2匹。

 [船釣り]<牟岐沖>12日、水温25・8度で上り潮は速かった。北東の風が強く吹き波も高かった。仕立船で沖アミを餌にウキ下6~7ヒロでフカセ釣りをした人が40センチ前後のスマ12匹。別の船も同型を8匹。

 <宍喰沖>12日、水温25・6度で北東の風が吹き波もあった。仕立船で沖アミを餌にウキ下10ヒロ前後で2本バリのカゴ仕掛けを使い、30~40センチのイサギ42匹と42センチのシブダイ、33センチのカンパチ、同型のヘダイを各1匹。

 [イカダ]<宍喰>12日、うねりが高く餌取りが多かった。沖のカセは1号でウキ下3~5ヒロを狙い20~25センチのグレ6匹と30~35センチのイサギ4匹、35センチのスマ1匹、20センチ前後のシマアジ2匹。

 [磯]<福村>12日、水温24・5度。丸島回りの二階は3人で、30~35センチのチヌ5匹と同型のアイゴ8匹、20センチ前後のマダイ3匹。内鬼門は30センチのチヌと同型のアイゴ、25センチのイシダイを各1匹。

 <中林>12日、各所で25~48センチのチヌ、25~30センチのグレ、25~30センチのマルアジ、25センチ前後のマダイがよく釣れていた。エンバエ西では上板町の森良一さんがチヌ3匹とグレ3匹、マルアジ35匹、マダイ2匹。西の胴はマルアジ55匹と30センチの本ハゲ1匹。胴裏はグレ3匹とマルアジ10匹。東はチヌ4匹とグレ5匹、マルアジ15匹、マダイ3匹。東の胴はチヌ11匹とマルアジ32匹、マダイ7匹。中スはチヌ12匹とグレ2匹。ヨコスはチヌ4匹とグレ3匹、マルアジ5匹。地ス西のハナはチヌ4匹とグレ5匹。ワラベ石トウフはチヌ3匹とグレ6匹。東はチヌ4匹とグレ3匹、42センチのヒラスズキ1匹。(県釣連盟報道部)