徳島新聞Web

4月29日(土曜日)
2 2
29日(土)
30日(日)
釣りだより
県釣連盟ク対抗磯釣り大会 第二曙潮会団体V 8日・小潮   2016/11/8 10:13
このエントリーをはてなブックマークに追加

県釣連盟ク対抗磯釣り大会 第二曙潮会団体V 8日・小潮 [磯]<伊島>6日、県釣連盟クラブ対抗磯釣り大会2回目が行われ78人が参加し23センチ以上の対象魚(グレ、チヌ、イサギ、マダイ、アイゴ、イシダイ)の総重量を競った。北東の風が強く9時ごろに磯替わりする区域も出て、安全を考慮し1時間納竿時間を短縮した。前日同様、イサギとグレ、アイゴを主体に58人が計量。総重量は220・2キロ。入賞の順位は4区域に分けた各船の上位者から選んだ。上位入賞団体と個人は次の皆さん(数字は重量で単位はグラム)
 ▽団体<1>第二曙潮会(福井・川田)30350<2>鷲敷あららぎ会(土佐・吉谷)28590<3>福井友磯会(亀尾・岩浅)
 ▽個人<1>川田恵一(第二曙潮会)13085<2>吉谷正(鷲敷あららぎ会)11835<3>橋本文明(徳島魚愛会)11780<4>梶原和彦(四電工いなずま会)4035<5>島崎直人(阿波精鋭会)9895
 上位の釣り場は、1位がマナイタの地で27~39センチのグレ11匹と26~31センチのイサギ19匹、32、33センチのアイゴ2匹。2位はイケバエオチで23~34センチのグレ7匹と25~35センチのイサギ6匹、32~37センチのアイゴ12匹。3位はジトウバエで35、36センチのグレ2匹と26~32センチのイサギ34匹、31センチのアイゴ1匹。4位は俵の地で28~43センチのグレ5匹と32センチのアイゴ1匹。5位はビシャゴのオチで31~37センチのアイゴ16匹。

 <福村>6日、北の風が強く、波も高くなり14時で納竿した。赤岩のモタレで23センチ前後のグレ6匹。丸島回りの大西で25センチのチヌ1匹。

 <中林>6日、9時ごろから北東の風が強く吹き釣りづらかった。24~30センチのグレと30~38センチのチヌは、エンバエ西の胴でグレ3匹とチヌ、25センチの本ハゲを各1匹。東の胴ではチヌと42センチのキビレを各1匹。中スではグレ3匹とチヌ、30、35センチのアイゴを各2匹。高崎ではグレ35匹。10時に消波ブロックに替わり2匹を追加した。

 <由岐>6日、北東の風が強く吹き13時に納竿した。水温21・9度。山ノハナで25、28センチのグレと35センチのアイゴを各2匹、43センチのチヌ1匹。大ネムリでは30センチのグレ1匹と35センチのアイゴ4匹、28センチのイサギ3匹。小ネムリでは28センチのシマアジ2匹と35センチのアイゴ4匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>6日、北東の風が強く吹き14時に納竿した。赤灯周辺はサビキ仕掛けで2人が30センチ前後のマルアジ7匹。通称ダンサではフカセ仕掛けで2人が25~35センチのチヌ3匹。コーナー周辺では30センチを1匹。白灯周辺でも28~40センチを7匹。別の人は28センチのグレ1匹と20~22センチの本ハゲ7匹。別の人も30センチ前後のマルアジ2匹。

 [イカダ]<由岐>6日、フカセ仕掛けで2人が43、50センチのチヌと40センチ前後のヒラソウダを各2匹。(県釣連盟報道部)
【写真説明】県釣連盟クラブ対抗磯釣り大会2回目の入賞者の皆さん