徳島新聞Web

12月16日(土曜日)
2 2
16日(土)
17日(日)
釣りだより
中林で25~32センチのグレ17匹 7日・小潮   2016/12/7 10:01
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<中林>5日、北の風が少し吹いたが穏やか。高崎で勝浦町の前田好次さんが25~32センチのグレ17匹と20~25センチのマダイ8匹、同型の本ハゲ2匹、20~23センチのメバル3匹、70、75センチのボラ2匹。石井町の田北啓治さんも27~32センチのグレ15匹と25センチのアイゴ1匹、20、23センチの本ハゲ、同型のメバルを各2匹、20~25センチのマダイ5匹。

 <由岐>5日、水温19・8~19・9度。波があり低いハエには上がれなかった。ムギバエで28~40センチのグレ4匹と33センチのマダイ1匹。別の人は35~40センチのアイゴ4匹と45センチのチヌ1匹。大ネムリで27~30センチのグレ5匹。山ノハナで35~38センチのアイゴ4匹と46センチのチヌ、32センチのシマアジを各1匹。

 <恵比須浦>5日、水温は20・8度から19・8度に低下。少し波があり低いハエには上がれなかった。大辰巳周辺のハエで30~40センチのグレ4匹。別の人も35センチを1匹。

 <大島>5日、下り潮が流れ水温21・7~22・3度。グレは、本場回りのカブトで30センチを1匹と25センチのアイゴ15匹。ヒッツキで32~35センチを5匹と32、33センチのイサギ2匹、30~35センチのアイゴ5匹。裏回りの田所で30~37センチを7匹と30、32センチのイサギ2匹。櫂投回りの高橋バエで32センチを5匹と35センチのアイゴ1匹。中ノハエで32センチを1匹と同型のアイゴ3匹。タニハン地で30~47センチを3匹。

 <高知・甲浦>5日、少し波があり水温21・7度。エボシで31~39センチのグレ3匹。別のサオでオレンジの餌木を使い2キロのアオリイカ1匹。赤灯台で底物狙いが30~40センチのイシガキダイ4匹。

 [イカダ]<ウチノ海>5日、風もなく穏やかな釣り日和。ヤカタでサヨリ狙いが30センチ前後を80匹。近くで2人が同型を30匹。別のサオでサビキ仕掛けは15~20センチのアジ10匹と20~25センチのマダイ20匹。ヨウセイエビを餌に釣った人は25センチ前後のマダイ20匹と25~28センチのアジ10匹。サビキ仕掛けで15~20センチのアジ20匹と13センチ前後のマイワシ200匹余り。

 <高知・甲浦>5日、1号で30~40センチのアイゴ8匹。別のサオで1キロのアオリイカ1匹。

 [投げ釣り]<津田>4日、徳島SC協会の納竿カレイ釣り大会が行われ、33人が参加。釣り場は県内なら自由で12時までに帰着し計量。1匹の長寸と総重量の順位の合計で競い、14人が計量した。沖洲で徳島鱗友サーフの中矢賢治さんが44・5センチ、1370グラム(1匹)で優勝。同所で徳島キャスターズクラブの広瀬晃さんが35・8センチ、1955グラム(3匹)で2位。撫養川で同クラブの池袋教昭さんが39・1センチ、1055グラム(1匹)で3位。餌はマムシがよかった。(県釣連盟報道部)