徳島新聞Web

12月17日(日曜日)
2 2
17日(日)
18日(月)
釣りだより
由岐で25センチ前後のアイゴ20匹 6日・小潮   2017/1/6 09:53
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [波止]<津田沖ノ一文字>4日、沖アミを餌にフカセ釣りでチヌは、赤灯周辺で30~40センチを4匹。通称ダンサでは30センチ前後を2匹。三本でも同型を2匹。コーナー周辺は36、42センチを2匹。別の人が40センチを1匹。白灯付近は30~40センチを7匹。また、沖アミを餌に探った人はコーナー周辺で20~22センチのガガネ12匹。赤灯付近は17~20センチのガガネ21匹。

 <小松島港沖ノ一文字>4日、赤灯付近で沖アミを餌にフカセ釣りで30、45センチのチヌ2匹。別の人は35センチを1匹。中央付近は35、40センチを2匹。白灯付近は30~35センチを3匹。別の人が38センチを1匹。

 [潮入り川]<吉野川>3日、河口左岸で14時から2時間、沖アミを餌にフカセ釣りで34~38センチのチヌ4匹。

 <新町川>3日、河口左岸の岸壁で14時から3時間、グレー系イワシカラー20グラムのメタルジグを使った徳島市の荒川大輔さんが50センチのチヌ1匹。20メートル沖でアタリがあった。

 [磯]<福村>4日、風や波、うねりはなく穏やかで水温13・5度。一番胴では25センチのチヌ1匹。

 <由岐>4日、水温15・4度で潮は少し上っていた。グレは、テグスで2人が28~37センチを10匹。同西は32センチ前後を2匹。潮カブリは35センチ前後を2匹と40センチのチヌ1匹。カツオバエも35センチ前後を2匹と40センチのチヌ1匹。大バエは35センチを1匹と25センチ前後のアイゴ20匹。瀬のハエは35センチを1匹と30センチのマダイ2匹。

 <大島>3日、釣用品店主催のグレ釣り大会が行われ津島も会場に含め59人が参加し重量を競った。波風ともに穏やかで、水温は場所によりムラがあり16~18度。28~38センチを主体に44センチまでを39人が計量。金輪で兵庫県・洲本市の岩井龍三郎さんが10610グラム(14匹)で優勝。同西で同県・南あわじ市の的崎武人さんが10030グラム(12匹)で2位。オシドリで鳴門市の谷上芳之さんが8905グラム(同)で3位。

 [イカダ]<宍喰>3日、水温18度。沖のカセは1号で35~43センチのグレ10匹と28センチのシマアジ3匹。3号は50センチを頭に35~43センチのグレ62匹と40センチのイサギ1匹。

 [船釣り]<高知・室戸沖>4日、穏やかでゆっくりとした下り潮。水温18・5度。美馬市の藤川さんら2人が70~76センチのマダイ7匹と80センチ前後のメジロ10匹、85センチのメダイ、45センチのイシダイを各1匹。(県釣連盟報道部)