徳島新聞Web

3月30日(木曜日)
2 2
30日(木)
31日(金)
釣りだより
宍喰で30~45センチのグレ20匹 11日・大潮   2017/1/11 10:08
このエントリーをはてなブックマークに追加

 9日、県南部の磯はうねりを伴う波が高く出船を見送った渡船業者もあった。水温も低下しはじめ、今後安定すればグレの釣果も期待できそうだ。釣行は船頭の指示に従い、無理な計画は立てず安全第一でお願いしたい。

 [磯]<恵比須浦>9日、水温13・9度。波が高く低いハエには上がれなかった。大辰巳周辺のハエで25~40センチのグレ4匹。

 <大島>9日、うねりが高く表回りの一部、裏回り、港回りなどしか上がれなかった。午後には佐本回りの一部にも上がれた。下り潮が流れたり、緩んだりして水温14・7~17・4度と場所によりかなりの差があった。阿南市の理容店の磯釣り大会が行われ30人が参加。グレ5匹までの重量を競った。30~44・1センチを1~10匹の釣果があり12人が計量した。ナデで阿南市の中津さんが5匹そろえ4520グラムで1位。木村で那賀町の久龍さんが3930グラムで2位。ナデで同町の栗本さんが3260グラムで3位。他ではノコギリ、同地の地、ヒジカケ、北ノ地、桃ノ木、タキの横などで釣れていた。大会以外ではフンドシで45・5センチを1匹。大枕で30センチを1匹。中ノハエ地で32センチを1匹。

 <高知・甲浦>9日、波が高く、低いハエには上がれなかった。水温16・8度。グレは各所で上がっていたが30センチ未満が多かったようだ。ビシャゴ西ではアオリイカ狙いが0・5~0・8キロを3匹。

 [イカダ]<ウチノ海>9日、ヤカタでカレイ狙いがアオイソメを餌に投げて21~32センチを6匹。別のヤカタでも20~35センチを5匹。近くでも20~30センチを3匹。赤アミを餌にサビキ仕掛けで20~25センチのアジ50匹。

 <宍喰>9日、潮はあまり動かなかった。沖のカセは1号で3人がウキ下5ヒロ半でサオを出し30~45センチのグレ3匹。3号は2人がウキ下4ヒロで釣り30~45センチのグレ20匹と30センチのイシダイ1匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>9日、各所で38~49センチのチヌが釣れ1匹、2匹、5匹。赤灯付近では20センチ前後のアジ30匹余り。

 [船釣り]<室戸沖>9日、強い北西の風、波は少々あった。速い上り潮が流れ水温22度。仕立船で小学5年生の親子2人がウキ下60~65メートルで75~85センチのメジロ10匹と50センチのイシダイ1匹。400号のオモリを使用してもウキが立つのが50メートルほど流れてからで釣りづらかった。(県釣連盟報道部)