徳島新聞Web

3月26日(日曜日)
2 2
26日(日)
27日(月)
釣りだより
伊島沖で95センチのブリ 4日・小潮   2017/2/4 09:48
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2日、県南の磯周辺は少し水温が回復しグレの釣果も聞かれだした。今後は安定してほしい。また手軽な波止では日暮れからミニワームでメバルやガガネ、河口ではスズキの釣果が上がっている。足場の悪い消波ブロックなどは極力避け、ヘッドライトは必ず準備してライフジャケットを着用し磯靴を履いて滑らないように注意してもらいたい。

 [磯]<恵比須浜>2日、水温14度。大辰巳周辺のハエで30~40センチのグレ6匹。

 <津島>2日、上り潮が流れ水温15度。一番で31~41センチのグレ9匹。チョウセンで32~42センチを7匹。ワレスベリで35~41センチを3匹。

 <大島>2日、上り潮が流れ水温15・4~16・8度。グレは、本場回りの木村で36センチを1匹。沖冨士で勝浦町の人が35センチを1匹と30センチのイサギ、同型のアイゴを各1匹。地冨士は2人が33、37センチを2匹と43センチのイシダイ1匹。ダルマで34、42センチを2匹。カブトで2人が30、33センチを2匹。佐本回りはオシドリで42センチを1匹と28~31センチのイサギ3匹。馬ノ背で30~37センチを5匹。ナデで阿南市の人が33~41センチを8匹と32センチのイサギ1匹。別の人も30~37・5センチを6匹。エボシ地で41センチのイシダイと30センチのイサギを各1匹。大バエで2人が33、40センチを2匹と30センチのイサギ1匹。沖ノハエで30、35センチを2匹。

 <高知・甲浦>2日、海は穏やかで水温14・4~15・2度。ミツバエ中で32センチのグレ1匹。鈴木バエで30センチ前後を3匹。

 [船釣り]<伊島沖>2日、北の風が吹き水温12・5~13・5度。仕立船で出掛けた人らが80~150号のオモリを付けた市販の14号の仕掛けで95センチのブリ1匹。別のサオで30号のオモリを付けた3本バリの胴付き仕掛けで27センチまでの本ハゲ11匹。乗合船で出掛けた人らは本ハゲを狙い15~27センチをサオ頭が22匹。各自同型を6~15匹。

 [イカダ]<ウチノ海>1日、午後から北の風が強く吹き釣りづらかった。ヤカタで赤アミを餌にサヨリを狙った人が30~35センチを40匹。近くでも同型を37匹。別のヤカタでも同型を30匹。周辺でも数匹の釣果はあったようだ。

 <高知・吉良川沖>31日、西寄りの1号で徳島市の人が30センチ前後のイサギ30匹と35センチ前後のグレ3匹、同型のヒラソウダ2匹、40センチのトビウオ1匹。

 [高知・宇佐沖ノ一文字]2日、午後から北西の風が強くなった。沖アミを餌にフカセ釣りで32~42センチのチヌ3匹。周辺でも35~43センチを1~2匹。30センチ前後のマダイ1~2匹。アジを餌にウキ釣りで0・3、0・5キロのアオリイカ2匹。(県釣連盟報道部)