徳島新聞Web

5月26日(金曜日)
2 2
25日(木)
26日(金)
釣りだより
25~34センチのカレイ3匹 ウチノ海 28日・中潮   2017/2/28 10:03
このエントリーをはてなブックマークに追加

 県内では水温の低下が続いており、休業した渡船も多くあった。また営業した業者もほとんどが目立った釣果がなかった。3月1日から県内の河川ではアメゴ釣りが解禁になる。主に釣り場となる山間部では凍結や積雪などの心配があるため、道中や釣りの最中にも安全面には十分に注意し、楽しみたい。

 [磯]<由岐>26日、水温11・8度。波風ともに穏やか。瀬のハエで42、45センチのチヌ2匹。

 <大島>25日、水温13・5度。木村で50センチオーバーのイシダイ1匹。グレは型は未確認だが金輪と沖冨士で各1匹。

 <和歌山・串本>25、26の両日、釣りメーカーのグレマスターズ決勝大会に全国から16人が集まり、徳島県からは3人が出場した。前日の予選リーグを勝ち上がり決勝では対象魚の食いが渋い中終了10分前に30センチを釣り上げたTEAM磯FINALISTの福原健さんが優勝した。

 [波止]<津田沖ノ一文字>26日、沖アミを餌にチヌは、コーナーで50センチを1匹。近くで42センチを1匹。別の人が35センチを1匹。通称ダンサで2人が35センチを各1匹。赤灯で40センチを1匹。同所からガガネ狙いで探り歩き20センチ前後を15匹。

 [投げ釣り]<沖洲>26日、河口付近の左岸の波止で7時半から8時間、マムシやアオイソメ、イシゴカイを餌に43センチのカレイ1匹。アタリは潮の変わった13時ごろにあった。

 [イカダ]<ウチノ海>26日、中央付近のヤカタでチョイ投げでカレイは、夫婦で20~31センチを10匹。周辺で25~34センチを3匹。近くで31、32センチを2匹。別のヤカタで28センチを2匹。(県釣連盟報道部)