徳島新聞Web

5月30日(火曜日)
2 2
30日(火)
31日(水)
釣りだより
20センチ前後のメバル10匹 伊島沖 4日・小潮   2017/3/4 10:22
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2日、県内は雨が降ったりやんだり。風は緩い北寄りが吹いた程度だが海上は少し波があった。雨の予報のうえ、波もあり水温も低いためほとんどの渡船業者が磯渡しを見合わせたようだ。毎年この時期は水温が低下して不安定になるが今年ほど続く年も少ない。今後の回復に期待したい。1日にはアメゴの解禁を迎えた場所もある。渓流の釣り場は山間部の道を下るなど足場の悪い所が多い。足元には十分な注意が必要。各釣り場のルールを守り楽しみたい。

 [船釣り]<伊島沖>2日、ある船頭がメバルの試し釣りに出掛けた。1時間ほどメバルサビキ仕掛けでサオを出し20センチ前後を10匹と30センチのガガネ2匹、チャリコ1匹。1日は、水温11・6~16・5度。ジギングで出掛けた船は80、82センチのメジロ2匹と48センチのカンパチ、90センチのサワラ、50センチのマダイを各1匹、50~53センチのハマチ13匹。別の船も44センチのユメカサゴ1匹と40センチのオニカサゴ2匹、37センチまでのクロムツ3匹、34センチまでのキンメダイ7匹、カマス、タチウオ数匹。根魚狙いで出船した船は20~38センチのムツ5匹と38センチのウッカリカサゴ、23センチのオニオコゼを各1匹、20~23センチのユメカサゴ3匹、指幅2本半のタチウオ1匹、50~52センチのハマチ4匹。別の船は35センチのアカムツ1匹と50センチまでのクロムツ11匹、30センチのキンメダイ1匹、クロシビ、ギンメダイ、タチウオ、サバ、ユメカサゴ数匹。自家用船で出掛けた阿南市の2人はタイラバージグで9時半から約7時間サオを出し25~51センチのマダイ14匹と23センチのガガネ、40センチのエソを各1匹。別の船の2人も13時半から3時間ほどサオを出し45~60グラムのオモリでオレンジ系のスカートの仕掛けで28~41・5センチのマダイ4匹と25センチのガガネ1匹。

 [磯]<福村>1日、少しうねりがあり水温9・8度。淡島回りの一番タイバ西で35センチのチヌ1匹。ビシャ大東で30センチを1匹。

 <兵庫・沼島>1日、水温11・2度。2番回りの磯で40センチのチヌ1匹。別の人も47、55センチを2匹。最近は浅場の磯でチヌの釣果が上がっている。数にムラはあるもののよい日には2ケタ釣りもあり、2日前には中型クーラーが満杯になり再放流した人もいたようだ。水温も11度台で安定しているので期待もできるだろう。今後水温の上昇とともにマダイの釣果も聞かれるだろう。

 [波止]<津田沖ノ一文字>1日、通称ダンサ周辺で35センチのチヌ2匹。

 <高知・宇佐沖ノ一文字>2日、出船時は雨が降ったりやんだり。11時ごろには北西の風が強く吹きだした。先端付近でルアーを投げた人が60センチのサワラ1匹。近くでアジを餌にウキ釣りで0・7キロのアオリイカ1匹。沖アミを餌にフカセ釣りで30、40センチのチヌ2匹。

 [イカダ]<ウチノ海>28日、ヤカタで赤アミを餌にサビキ仕掛けで3人が20センチ前後のマイワシ120匹。(県釣連盟報道部)