徳島新聞Web

3月30日(木曜日)
2 2
30日(木)
31日(金)
釣りだより
23~31センチのカレイ5匹 ウチノ海 8日・若潮   2017/3/8 10:02
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [船釣り]<蒲生田岬沖>5日、弱い北の風、水温9・2度。満潮から引きの潮を狙い自家用船で13時から出掛けた阿南市の2人がタイラバージグで17時までサオを出した。スカートはどの色でもアタリはあったがオレンジ系がよかったようだ。25~35センチのマダイ6匹。水温が低いためかアタリはあるものの食い込みが悪くハリ掛かりしないことも多かった。

 <伊島沖>5日、弱い北の風、水温17・5度。乗合船で出掛けた人らがジギングや餌釣りで33センチのアカムツ1匹と28~35センチのキンメダイ3匹、23~52センチのムツ43匹、30センチのギンメダイ3匹、18~25センチのユメカサゴ10匹、指幅2本半~3本半のタチウオ5匹。別の船は本ハゲ狙いで出船し15~31・5センチを5~20匹。

 <浅川沖>4日、南東の風、水温12・5度。沖のカケ釣りはタイラバージグでサオを出した2人が30~63センチのマダイ12匹と40~50センチのイトヨリ3匹、50センチのオオモンハタ、55センチのハマチを各1匹。

 <高知・室戸岬沖>6日、緩い上り潮が流れ水温19・5度。仕立船で出掛けた2人が釣りはじめてしばらくはアタリがなかったが9時半ごろから1時間ほど時合いがあった。その後は潮の流れが極端に速くなりすぎて釣りにならなかった。80~85センチのメジロ8匹と90、98センチのブリ2匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>5日、沖アミを餌にフカセ釣りで35~45センチのチヌ6匹。カニを餌に落とし込み仕掛けで歩いた人が36、44センチを2匹。

 [イカダ]<ウチノ海>5日、ヤカタでアオイソメを餌にカレイを狙ったグループが23~31センチを5匹。近くでも25~35センチを3匹。別の人も25、31センチを2匹。赤アミを餌にサビキ仕掛けで20センチ前後のマイワシ40匹。

 <高知・吉良川沖>5日、2号で47センチのイシダイと同型のカンダイを各1匹、35センチ前後のグレ4匹、同型のトビウオ3匹、30センチのサンタ1匹。別のイカダではヒラソウダやグレ、イシダイが上がっていたが数、型ともに未確認。

 [磯]<高知・甲浦>5日、日中気温が上がり暖かかったが少し波があった。水温12・7度。長兵衛バエで30・5センチのグレ1匹。

 <高知・室戸岬>5日、少し波があり水温18度前後。地磯で14時から8時間ほどアジを餌に取り込みにはヤエンを使い0・6~1キロのアオリイカ3匹。海藻が流れてきて釣りづらかった。(県釣連盟報道部)