徳島新聞Web

3月26日(日曜日)
2 2
26日(日)
27日(月)
釣りだより
福村で50センチのチヌ 11日・大潮   2017/3/11 09:58
このエントリーをはてなブックマークに追加

 9日、県南部の磯は低水温の状況が続いているようだ。時期的にもそろそろ乗っ込みが始まり、チヌやマダイの大型を狙うチャンス。宍喰、浅川付近からたよりが聞こえるだろう。産卵を控えた魚は比較的引きは弱く取り込みやすい。ぜひ自身の記録となる魚を釣り上げてほしい。また釣行の際には安全第一で磯や船はもちろんだが波止や岸壁、河口などでもライフジャケットを着用してもらいたい。そして釣り禁止などならないようにいつまでもきれいな釣り場を保つためにも各自が出した沖アミや赤アミ、配合餌の袋、弁当、ジュースの空き缶、ペットボトルなどのごみは必ず持ち帰り処分したい。

 [磯]<福村>9日、北西の風が南東に変わった。水温11・7度。淡島回りの一番胴で50センチのチヌ1匹。イサギ場でも40センチを1匹。

 <大島>9日、緩い下り潮が流れ水温12・3~14度。場所により差があるようだ。一部の情報だが佐本回りのミッチャで37センチのグレ1匹。ナデで30センチを1匹。

 [船釣り]<伊島沖>9日、弱い北の風で水温12~17度。乗合船で出掛けた人らが95~108センチのブリ3匹と52センチのマハタ1匹、30~40センチのカイワリ5匹、23~35センチのキダイ50匹余り、32~42センチのアジとサバ合わせて40匹余り。別の船は本ハゲ狙いで出船し18~28センチを24匹。午後からメタルジグで40センチ前後のハマチ2匹。8日は、ジギングで73センチのメジロ1匹と48~52センチのハマチ13匹。別の船は15~25センチの本ハゲ8~11匹。

 <蒲生田沖>9日、自家用船で出掛けた阿南市の2人がタイラバージグで14時半から3時間ほどサオを出し25~35センチのマダイ4匹。

 <浅川沖>8日、北東の風が吹き水温12・8度。沖のカケ釣りで58センチのマダイと53センチのハマチを各1匹。

 [波止]<高知・室戸岬漁港>9日、水温16度前後。岸壁でアジを餌にサオを出した人が1キロのアオリイカ1匹。8日は、アジを餌に取り込みにはヤエンを使い0・6~1・5キロのアオリイカ5匹。

 <高知・宇佐沖ノ一文字>9日、北西の風が強く吹き雨も少し降り肌寒い1日。アジを餌にウキ釣りで0・5キロのアオリイカ1匹。カニを餌に落とし込み仕掛けで36センチのチヌ2匹。中突堤ではルアーを投げた人が60センチのスズキ1匹。フカセ釣りでは小グレやボラが数匹。8日は、フカセ釣りで50センチのマダイ1匹。(県釣連盟報道部)