徳島新聞Web

7月27日(木曜日)
2 2
27日(木)
28日(金)
釣りだより
新町川で71センチのスズキ 12日・大潮   2017/3/12 09:52
このエントリーをはてなブックマークに追加

 10日、県南磯は緩やかで水温の上昇がみられた。今後、水温が安定してくればまだまだ楽しめそうだ。

 [磯]<大島>10日、本場回りでは水温が15度に上昇している区域もあった。ヒッツキで30~36センチのグレ3匹と30センチのイサギ1匹。

 [波止]<木岐港>10日、8時から約6時間半、沖アミを餌にフカセ釣りで36、43センチのチヌ2匹と24センチのガガネ1匹。付近で沖アミを餌に波止際を探り釣りで狙い18~22センチのガガネ7匹。

 <椿泊湾>9日、日没後の約3時間、赤アミを餌にサビキ釣りで13~21センチのメバル7匹と12~20センチのガガネ5匹。付近で冷凍イワシを餌にチョイ投げで24センチのガガネ1匹。

 <高知・室戸岬漁港>10日、9時から約5時間、アジを餌にウキ釣りで0・7、0・9キロのアオリイカ2匹。付近で約20~30メートル沖を4号の餌木で狙った人が0・8キロを1匹。

 [渓流]<那賀川>10日、支流の南川の上流で11時から約5時間、イクラを餌に15~20センチのアメゴ20匹。付近で別の人が川虫を餌に17~21センチを18匹。

 [ルアー]<恵比須浜漁港>9日、岸壁から日没後の約3時間半、5グラムのメタルジグと2・5インチストレートワームのジグヘッドリグを併用して波止際や5~10メートル沖を狙い15~21センチのメバル6匹。仕掛けを底まで沈めてから巻いてくると中層付近でアタリがあった。

 <小松島港>10日、夜明け前の約1時間半、2・5インチストレートワームのジグヘッドリグで13~16センチのメバル3匹と35センチのセイゴ1匹。表層付近で仕掛けをゆっくりと巻いてくるとアタリがあった。

 <新町川>10日、かちどき橋下流部で日没後の約1時間半、8センチの6インチストレートワームのジグヘッドリグで71センチのスズキ1匹。(県釣連盟報道部)