徳島新聞Web

8月21日(月曜日)
2 2
21日(月)
22日(火)
釣りだより
大島で40、47センチのグレ 14日・大潮   2017/3/14 10:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

 12日、日中は暖かくなり春を感じられる天気となった。県南部の磯も波もなく穏やかだったが、魚の活性が悪い状態が続いており、目立った釣果は聞かれなかったが先日から徳島市内に近い波止や磯でチヌの釣果が上向きだした。今後も水温が上昇してさらに期待できるだろう。

 [波止]<津田沖ノ一文字>12日、沖アミを餌にチヌは、コーナーで35センチを1匹。同所から少し白灯寄りで40センチを1匹。通称ダンサで35センチを1匹。別の人が同型を1匹。近くで36センチを1匹。ガガネ狙いは赤灯周辺を探り17~23センチを11匹。コーナー周辺を探り18センチ前後を8匹と28、30センチのアブラメ2匹。

 <小松島港沖ノ一文字>12日、中央付近で沖アミを餌に43センチのチヌ2匹。白灯でも同型を1匹。

 <中林漁港沖ノ消波ブロック>12日、出船時は北の風でのちにやや強い東寄りに変わった。波は穏やか。沖アミを餌に徳島市の人が35センチのチヌ1匹。魚の活性は悪く餌取りはほとんどいなかった。ウキ下は5ヒロでグレバリ3号。風の影響を避けるため、ウキを30センチほど沈ませた状態をキープして流した。

 [イカダ]<ウチノ海>12日、中央付近のヤカタでアオイソメを餌に徳島市の人が30センチのカレイと35センチのセイゴを各1匹。

 [磯]<福村>12日、水温11・2度。一番胴で45センチのチヌ1匹。

 <日和佐>10日、水温12~12・4度。潮は上りのち下り。西の風。平家で沖アミを餌に徳島市の人が45センチのブダイ1匹と16~23センチのガガネ5匹。同行の人は20センチのガガネ3匹。ウキ下はサオ2本から3本で餌取りはほとんどいなかった。カンダイらしきアタリが数回あった。

 <大島>12日、水温12・8~13・6度。潮は下りから上り。俵で40、47センチのグレ2匹。馬ノ背で38センチのイシダイ1匹。沖ソエで30センチのグレ1匹。

 [船釣り]<牟岐沖>12日、水温13・2度で潮はほとんど動かなかった。ジギングで2人が合わせて72、76センチのメジロ2匹と60センチのマダイ、43センチのアオハタを各1匹。(県釣連盟報道部)