徳島新聞Web

4月26日(水曜日)
2 2
25日(火)
26日(水)
釣りだより
20センチ前後のマイワシ好調 ウチノ海 29日・大潮   2017/3/29 10:12
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [イカダ]<ウチノ海>27日、北西の風が少し強く肌寒い一日。20センチ前後のマイワシが好調。ヤカタで赤アミを餌にサビキ仕掛けでサオを出した4人が合わせて中型クーラー2個満杯。別のヤカタでも似た仕掛けで3人が600匹。近くでも2人が250匹。

 [磯]<恵比須浦>26日、少し波があり水温12・5度から11・9度に低下。港近くの磯で50・5センチのチヌ1匹。近くのハエでも阿南黒潮会の井口賢さんが市販の加工沖アミを餌に磯際を深く釣り43センチを1匹。大辰巳周辺のハエでも40~49センチを3匹。別の人も35センチを1匹。

 <高知・室戸西海岸>26日、地磯でアジを餌にサオを出した人が0・2~0・8キロのアオリイカ3匹。周辺でも0・3キロ前後の小型が数匹上がっていた。

 <香川・荘内半島>26日、地磯で沖アミを餌にサオを出した人が42・5、44・5センチのチヌ2匹。20メートルほど沖を狙い00のウキにガン玉を付けてゆっくり沈めていくとアタリがあった。餌取りにはフグやベラ、ウミタナゴなどがいてマキ餌と少しずらした方がよかった。近くの石波止でも35センチ前後が1~2匹釣れていた。

 <兵庫・沼島>25日、2番回りの磯で阿南黒潮会の竹内啓二さんが20メートルほど沖を狙いハリス1・2号チヌバリ2号のフカセ釣りで市販の加工沖アミを餌にウキ下5ヒロ半から仕掛けをゆっくり沈めて探り38センチのチヌ1匹。他に取り込めない大きなアタリも数回あった。同行の人はオチ磯に上がり45センチのマダイ1匹。

 [波止]<高知・宇佐沖ノ一文字>27日、10時ごろから西寄りの風が強く吹きだし釣りづらかった。中突堤で沖アミを餌に39~48センチのチヌ3匹。地の岸壁では餌木を投げ歩いた人が1・1、2・1キロのアオリイカ2匹。

 <高知・室戸岬漁港>26日、アジを餌にサオを出した人が1・5、1・8キロのアオリイカ2匹と50センチのヒラメ1匹。

 [船釣り]<伊島沖>26日、北の風が少し強く吹いた。水温12・5~16度。乗合船で出掛けた人らが100~150号のオモリを付けたテンビン仕掛けでサオを出し23~40センチのオニオコゼ8匹と40~45センチのエビスダイ4匹、43センチのアマダイ、25センチのガガネを各1匹、23~35センチのレンコダイ40匹余り、28センチのイワシ30匹余り。別の船は本ハゲ狙いで出船し17~28センチを5~27匹。

 <浅川沖>26日、南東の風が吹き曇り後雨。少しうねりもあった。水温13・3度。沖のカケ釣りに出掛けた人が25~50センチのマダイ11匹と30~50センチのイトヨリ7匹、40、45センチのアマダイ2匹。(県釣連盟報道部)