徳島新聞Web

8月22日(火曜日)
2 2
22日(火)
23日(水)
釣りだより
35~40センチのサヨリ38匹 ウチノ海 1日・中潮   2017/4/1 09:32
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<福村>30日、水温10度で波風ともに穏やかだった。一番東で50センチのチヌ2匹を頭に35センチ前後を2匹。

 <中林>30日、波風ともになく穏やか。エンバエ西の胴で13時までの釣果。1号のハリスを使い37センチのチヌ1匹。他にバラシ2回。

 <大島>30日、水温13・2~14・2度で下り潮。本場回りのピストルで39センチの尾長グレと33・5センチのイサギを各1匹。沖ソエで30~35センチのイサギ4匹。ヒッツキでは2人が30~37センチのグレ4匹と32センチのイサギ1匹。屋形で30センチのグレ1匹。底物仕掛けの人は63センチのイシダイ1匹。

 [イカダ]<ウチノ海>30日、マキ餌は赤アミにヌカを混ぜ、小粒の沖アミを餌に35~40センチのサヨリ38匹と20センチ前後のウミタナゴ10匹。同行の人も同型のサヨリ37匹。潮の流れが速く釣れる場所が遠かったが、群れが回ってくるとウキ下1ヒロ半でアタリがあった。別のヤカタでは赤アミを餌にサビキ仕掛けで20センチ前後のイワシ50匹余り。

 [波止]<津田冲ノ一文字>30日、北東の風が吹いたが穏やかだった。赤灯周辺で35センチのチヌ2匹。別の人は45センチを1匹。コーナー周辺でも2人が30、45センチを2匹。別の人も30センチを1匹。それぞれ沖アミを餌にフカセ仕掛け。中央から赤灯を探った人は16~22センチのガガネ23匹と23センチのメバル、同型のベラを各1匹。

 <小松島港沖ノ一文字>30日、赤灯周辺で沖アミを餌に40センチのチヌ1匹。(県釣連盟報道部)