徳島新聞Web

4月26日(水曜日)
2 2
25日(火)
26日(水)
釣りだより
アジ、イワシ好釣果 鳴門観光港 8日・中潮   2017/4/8 09:47
このエントリーをはてなブックマークに追加

 低気圧が日本海を通過した影響で、南からの湿った風が強く吹き波が高かった。時折激しい雨が降り釣り人も少なく、多くの渡船が休業した。

 [波止]<鳴門観光港>6日、13時から3時間、徳島市の2人が赤アミを餌にウキを付けたサビキ仕掛けをチョイ投げし、17~22センチのアジと16~21センチのイワシ交じりで各小型クーラー満杯。周辺でもサオを曲げていた。

 [イカダ]<ウチノ海>6日、赤アミを餌にサビキ仕掛けで2人が18~22センチのイワシ100匹余り。

 [船釣り]<伊島沖>5日、水温17・5度。南の風が強く吹き、波が高く12時までの釣果。水深90メートル前後の場所で切り身を餌に2本バリ仕掛けで25~35センチのレンコダイ50匹余りと23~40センチのカイワリ7匹、35~38センチのアジ数匹。

 [磯]<中林>5日、出船時は穏やかだったが、10時から南の風が吹きだし13時半にサオを納めた。エンバエ西の胴で43センチのチヌ1匹。同東も45センチを1匹。同東の胴で42センチのキビレ1匹。

 <恵比須浜>5日、水温13度。阿瀬比周辺のハエで45センチのチヌ1匹。4日は水温14・1度で49センチを1匹。

 <高知・泊浦>5日、弦場1番で47、52センチのチヌ2匹。小島では4人が38~51センチのチヌ12匹と30~37センチのグレ7匹。(県釣連盟報道部)