徳島新聞Web

4月27日(木曜日)
2 2
27日(木)
28日(金)
釣りだより
大島で30~39センチのグレ11匹 21日・長潮   2017/4/21 09:50
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<中林>19日、午前中は北の風が強く吹いていた。エンバエは西の胴で13時までサオを出した美馬町の花岡明さんが37、43センチのチヌと42、43センチのキビレを各2匹。東の胴では35、42センチのチヌ2匹。13時まで東で羽ノ浦町の井内秀夫さんが37~51センチを8匹、その後西の胴に移動し38~43センチのキビレ3匹を追加した。沖ス東では37~43センチのチヌ3匹。
 
 <大島>19日、水温16~17・2度で上り潮。本場回りや佐本回りは波が高く磯上がりできなかった。渡船は5隻。櫂投島の中ノハエ地では徳島市の服部和彦さんが42センチの尾長グレを含め30~39センチのグレ11匹。タニハン地は31、37センチのグレ2匹。港回り丸バエは35センチのグレ1匹。フンドシは30センチ前後のイサギ2匹。
 
 <高知・甲浦>19日、西寄りの風、水温16・6~17度で波は高かった。千畳バエでは25、30センチのグレ2匹と、手のひらサイズのグレやアイゴは40匹ほど上がっていた。
 
 <愛媛・武者泊>19日、北寄りの風が強く波も高かったため沖の磯は上がれなかった。グレは、ムロの岡で徳島市の人が40、48センチを2匹。同行の人は40センチ前後を2匹とチヌ1匹、アイゴ3匹。ガマゴウラも40センチ前後を2匹とチヌ1匹。タチバナは2人で40センチ前後を5匹。
 
 [波止]<津田沖ノ一文字>19日、沖アミを餌にフカセ釣りでチヌを狙った徳島市の人が赤灯周辺で35~40センチを4匹。もう1人は35、42センチを2匹。
 
 <小松島港沖ノ一文字>19日、先日の雨の影響で濁りがあり、チヌの食いは良かった。14時まで赤灯周辺でサオを出した人が47~51センチを5匹。中央付近では48センチ前後を3匹と30センチのアブラメ1匹。
 
 [イカダ]<ウチノ海>19日、堂浦のカセでは、沖アミを餌にフカセ釣りで70センチのマダイと45センチのチヌを各1匹。別のカセでは50センチのチヌ1匹。サヨリ狙いの人は35~40センチを10匹。(県釣連盟報道部)