徳島新聞Web

8月23日(水曜日)
2 2
23日(水)
24日(木)
釣りだより
福村で35~45センチのチヌ9匹 22日・若潮   2017/4/22 10:14
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<福村>20日、波風なく穏やかだった。水温14・5度。チヌは一番のイサギ場と胴の2カ所で35~45センチを9匹。ホロロでは同型を3匹と30センチのマダイ1匹。高飛で35センチを1匹。19日は、北西の風が強く、うねりが少しあった。型は未確認だが二番東で3匹。高飛で1匹。
 
 <中林>20日、北の風が少し吹き波は穏やか。チヌはエンバエのチギレで37~45センチを3匹。東では38~50センチを6匹と40、43センチのキビレ2匹。西の胴で40、43センチを2匹と40、42センチのキビレ2匹。
 
 <由岐>20日、水温16・5度で下り潮。ムギバエで47センチのチヌ1匹。12時にサオを納めた。
 
 <大島>20日、水温16・6~17・2度で上り潮から下り潮。本場回りのソエバで底物仕掛けを使い50センチのイシダイ1匹。グレは活性が低く、小さいハリを使うなど工夫して数が上がった場所があった。ヒッツキで33~41・5センチを4匹。屋形で32、36センチを2匹。佐本回りのオシドリで33センチを1匹。ミッチャで30~37センチを3匹。大バエとエボシ地の2カ所で29~43センチを8匹と31センチのイサギ1匹。一番で31~36センチを11匹。
 
 <津島>20日、水温16・6度で下り潮。グレは大バエ東で43センチを1匹。ワレ胴で33センチを1匹。同スベリで31、36センチを2匹。サンゴ東で32センチ前後を2匹。
 
 [波止]<島田島>19日、西の風が強く、上潮が滑って釣りづらかった。餌取りのフグが多く、加工沖アミとネリ餌を使い30~40メートル遠投し33~45センチのチヌ4匹とバラシ1回。
 
 <津田沖ノ一文字>20日、東の風が吹いたが穏やかだった。チヌは白灯周辺で沖アミを餌にフカセ仕掛けで37センチと30センチのマダイ、同型のメバルを各1匹。コーナー周辺で探り釣りをした2人が16~22センチを60匹余り。別の人は18~22センチを40匹余り。ルアーを使った人は45センチのセイゴ1匹。通称ダンサでは37~43センチを3匹とバラシが数回あった。赤灯周辺で47センチを1匹。別の人は37センチを1匹。
 
 <小松島港沖ノ一文字>20日、チヌは赤灯周辺で35~38センチを5匹。中央周辺で40センチを1匹。白灯周辺でも43センチを1匹。北防では探り釣りで20センチ前後のガガネ10匹。(県釣連盟報道部)