徳島新聞Web

12月15日(金曜日)
2 2
15日(金)
16日(土)
釣りだより
橘湾で40~53センチのチヌ12匹 26日・大潮   2017/4/26 10:33
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<福村>24日、14時ごろから南東の風が強く吹きだし納竿した。水温14・5度。淡島回りの一番ホロロで40センチ前後のチヌ4匹。同胴でも35~40センチを8匹。

 <中林>24日、午前中は穏やかだったが12時から南の風が強くなった。エンバエ西の胴で40~45センチのチヌ2匹と20~25センチのマダイ3匹。同東の胴で45、48センチのチヌ2匹と20~25センチのマダイ3匹。同東で40センチのチヌ1匹。

 <由岐>24日、水温15・6度。南東の風が吹きだし10時40分ごろ納竿した。上磯のムギバエで27センチのグレ1匹。23日は、水温15・3度。瀬のハエで45~47センチのチヌ3匹と37センチのグレ1匹。

 <高知・甲浦>24日、南寄りの風が吹き少し雨が降った。少し波も出て水温16・8度。エボシで25~32センチのグレ12匹。ヒナダンでも25~27センチを5匹。両磯とも尾長グレも交じった。25センチ以下は各所で釣れた。丸バエで白、オレンジの餌木でアオリイカを狙った人が0・5キロを2匹。

 <恵比須浦>23日、水温14・8度。大辰巳周辺のハエで35センチのチヌと同型のイシダイを各1匹。

 [船釣り]<橘湾>24日、南東の風が強くなり船が安定せず12時に納竿した。自家用船で出掛けた阿南市の2人が6時からサオを出し市販の加工沖アミを餌にハリス1・2号でウキ下7ヒロ前後と深く探り40~53センチのチヌ12匹。23日は、北の風が少し吹いた程度。潮の動きは悪かった。自家用船で出掛けた阿南市の2人が市販の加工沖アミやコーンを使いハリス1・2号でチヌバリ1~3号を使い分けウキ下5~8ヒロを探り40~50センチのチヌ15匹。小グレが餌取りでコーンの方がアタリが多かった。

 <浅川沖>24日、南東の風で少し雨も降った。水温16・3度。沖のカケ釣りで30センチのマダイ1匹と30、35センチのグレ2匹、40~45センチのチヌ5匹、30センチのイトヨリ1匹。

 [イカダ]<ウチノ海>24日、マダイの釣果が出始めた。ヤカタで沖アミを餌にフカセ釣りで32、40センチを2匹と40~43センチのチヌ3匹。別のヤカタでも30センチを1匹と40センチのチヌ1匹。サヨリ狙いは30センチ前後を10~40匹。赤アミを餌にサビキ仕掛けで夫婦が15~20センチを80匹。カレイ狙いの2人は20~35センチを9匹。

 [お知らせ]福村磯は5月1日から抽選4時50分となります。(県釣連盟報道部)