徳島新聞Web

12月16日(土曜日)
2 2
16日(土)
17日(日)
釣りだより
中林で39~52センチのチヌ5匹 28日・中潮   2017/4/28 10:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

 26日は、四国沖を前線が通過し終日雨が降っていた。また、低気圧の影響で波の高い日が続いている。

 [磯]<小神子>26日、大岩で沖アミを餌にフカセ釣りをした人が40センチ前後のチヌ2匹。

 <中林>26日、風はなかったものの、終日雨が降り波は高かった。エンバエのチギレでは9時までに、35~45センチのチヌと20~25センチのマダイを各3匹。その後、東に替わって39~52センチのチヌ5匹を追加した。東の胴では38~48センチのチヌと20~30センチのマダイを各5匹。

 <大島>26日、水温16・2度で上り潮、本場回りや佐本回りは波が高く磯上がりできなかった。渡船は1隻で釣り人は3人。桃オチでは徳島市の服部和彦さんが30~35・5センチのグレ6匹と27センチのイサギ1匹。桃ノ木では別の人が30センチ前後のイサギ4匹。タキは30センチ前後のグレ2匹と同型のアイゴ、27センチの本ハゲを各1匹。

 <香川・引田>26日、東寄りの風が強く波も高かった。松島のカベに磯上がりした徳島市の人がウキ下4ヒロ前後のフカセ釣りで27~29センチのアジ17匹と同型のサバ2匹。12時半までの釣果で、特に満潮の10時までよく釣れた。

 [波止]<小松島港沖ノ一文字>26日、終日雨が降っていた。中央付近では40センチ前後のチヌ3匹。

 <北灘>25日、7時から13時まで沖アミやネリ餌を使った北島町の人が35センチのチヌ1匹。他に数回アタリはあったがハリス切れやハリ外れでバラした。

 [イカダ]<高知・甲浦>26日、水温16・6~16・8度と上がってきた。1号では30センチのグレと0・7キロのアオリイカを各1匹。

 [渓流]<那賀川>26日、支流の槍戸川は水量が多くなっている。川虫を餌に使った神山町の人が20センチ前後のアメゴ83匹。(県釣連盟報道部)