徳島新聞Web

6月24日(土曜日)
2 2
24日(土)
25日(日)
釣りだより
30~35センチのチヌ3匹 津田沖ノ一文字 29日・中潮   2017/4/29 09:54
このエントリーをはてなブックマークに追加

 前線を伴う低気圧が四国沖を通過した影響で、海上では波が高く風も強い場所があった。あちらこちらでチヌやグレ、イサギの釣果が聞こえはじめた。ゴールデンウイーク前半は天気が良い予報なので、ぜひ釣りに出掛けてもらいたい。

 [磯]<大神子>27日、足洗いで徳島市の人が32センチのチヌ1匹。

 <福村>27日、水温15・7度で北の風が少し吹いた。型は未確認だがビシャ西でチヌ1匹。

 <中林>27日、エンバエ東の胴で43センチのチヌ1匹と20~27センチのマダイ3匹。東の風が強くなり12時にサオを納めた。

 <兵庫・沼島>27日、北西の風が吹いたが穏やかだった。35~47センチのチヌが好調。青磯で徳島市の人が沖アミを餌にウキ下4~5ヒロを探り14匹。ヤカタバエで2人が15匹。ナナシで10匹。五合バエは2人で14匹。黒崎と殿飛の2カ所で6匹。センゾバエで2人が4匹。

 <高知・甲浦>27日、東の風が吹きうねりがあったが、午後から収まった。ヒナダンで22~31センチのグレ12匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>27日、赤灯周辺で沖アミを餌にフカセ仕掛けで30~35センチのチヌ3匹。

 <堂浦>26日、1~1・5グラムのジグヘッドに、1・5インチのグロー系のワームを使って、16~18センチのメバルを8匹。全て再放流した。マダイらしきアタリもあったがバラした。(県釣連盟報道部)