徳島新聞Web

8月19日(土曜日)
2 2
19日(土)
20日(日)
釣りだより
28~38センチのイサギ50匹 伊島沖 14日・中潮   2017/5/14 09:55
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<福村>12日、水温16・7度。一番で20~25センチのマダイ3匹。
 
 <中林>12日、出船時は穏やかだったが午後から南の風が吹いた。波は出なかった。エンバエ西で25センチのグレ2匹。同西の胴で30センチを2匹と20~25センチのマダイ8匹。高崎で25~28センチのグレ4匹と23センチのメバル1匹。9時ごろにワラベ石トウフに替わり37センチのチヌ1匹を追加した。
 
 <大島>12日、下り潮が流れ水温19~21・4度。本場回りのソエバ船着で底物を狙った人が43センチのイシダイ1匹。櫂投回りの中ノハエで26~33センチのグレ3匹。裏回りはタキで30~35センチのグレ5匹と33~35センチのアイゴ4匹、20センチの本ハゲ1匹。桃ノ地で30~41センチのグレと30センチ前後のイサギを各5匹。オハナ地で33、35センチのグレ2匹。
 
 <高知・鵜来島>11日、少し波があった。水島2番で生比奈釣クラブの坂田朋生さんが35~40センチのイサギ8匹。同行の人も同型を3匹。夕釣りは水島1番で40~43センチのグレ4匹。同行の人は43センチの尾長グレ1匹。小魚を追いかけたヒラマサの回遊もあったのでルアーなどで狙うのも面白いだろう。
 
 [船釣り]<伊島沖>12日、水温16・5~18度。乗合船で出掛けた人らが100~120号のオモリを付けたテンビン仕掛けで28~38センチのイサギ50匹余りとマルソウダ、ウマヅラハゲ、アジ数匹。別の船はタイラバージグで57センチのマダイと34センチのイトヨリ、45センチのホウボウを各1匹。別の船は57センチまでのキジハタ7匹と43センチまでのクロムツ5匹、トウジン1匹、ユメカサゴ2匹。11日は、潮の動きは悪くあまり動かなかった。自家用船で阿南市の3人が13時から約4時間、タイラバージグでサオを出し40、42センチのマダイ2匹と28~43センチのイトヨリ3匹、20センチのガガネ1匹。
 
 [イカダ]<高知・甲浦>12日、少し波があった。湾内は穏やかで水温18・6度。2号で25~35センチのアイゴ3匹。3号は0・6キロのアオリイカ1匹。
 
 [波止]<中林漁港沖ノ消波ブロック>12日、沖アミを餌にフカセ釣りで30、32センチのグレ2匹。
 
 <由岐漁港>12日、赤灯付近で餌木を投げた人が0・3のアオリイカ1匹。近くでも0・8キロを1匹。
 
 <高知・椎名漁港>12日、アジを餌に取り込みにはヤエンを使い0・9キロのアオリイカ1匹。
 
 <橘東岸壁>11日、沖アミを餌に10~20メートルほど沖を狙い30~40センチのチヌ4匹。(県釣連盟報道部)